サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

hontoレビュー

桜の下で、もういちど(ハルキ文庫)

桜の下で、もういちど みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.7

評価内訳

21 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

純愛だあ!

2019/05/05 08:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

桜の季節に桜のタイトルをついたのをと思い選んだのが、この作品。大学と予備校が背景ということで、おっさんには厳しいかなと思いましたが、なんのなんの甘酸っぱさもなく、しっかり純愛なる物語でして、不覚にも涙が流れました。恋愛において、真っ直ぐ進む者、臆病になる者、しっかり表現されて、感情移入して読めました。読んだ後はいつまでも仲良く幸せにと思えます。心が洗われる良作でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

閉塞感に胸が詰まる――恋と受験と青春と。

2010/10/17 14:52

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハジメマシテの作家さん。書店の新刊コーナーでその美しいタイトルと装丁に、思わず手が伸びた一冊。滅多に読まないラブストーリーだけれど、気になって買ってみた。

高校を卒業したばかりの18の春。進学で上京する彼氏を見送り咲奈は浪人生活をスタートさせる。予備校で出会った春子、享、賢吾らと共に来る日も来る日もひたすら勉強に励む日々。取り残されたかのような淋しさと苦しさと閉塞感。疎遠になる恋人。会話の噛み合わない元同級生。そしてなぜか安心する浪人仲間。咲奈の19の年が詰まった一冊。


ものすごい閉塞感。胸が苦しくなってしまった。受験に失敗し「浪人生」という身分を得た咲奈。目標は「合格」の二文字。「合格」に必要なこと以外は全て、不要。来る日も来る日もただひたすらに勉強あるのみ。

夏。帰省した元クラスメイトたちは「大学生」。久々の再会に心躍るはずなのに、その眩しさに咲奈は焦りを感じ、自分がどうしようもない人間のように思えてしまう。不安。妬ましさ。憧れ。苛立ち。


 それは高校時代の雑談と大差なくて、少しも特別なものではなかったのに、二人の会話に咲奈はうまく口を挟めなくて、そんな自分に愕然とする。
 面と向かって話せるような、面白いことなど何もない。
 その『何もなさ』がショックだった。


そしてそんな自分に苛立ち、自己嫌悪に陥る負のループ。

あぁ、わかるよ、わかる! その閉塞感。そうやって人と会うことがどんどん億劫になっていくのだ。でも「それで駄目だ」と思いなおして誰かと会ってみるのだけれど結局、疲れるだけで会ったことを後悔してしまう。そんなことの繰り返し。

「何もない』毎日。あるのは「勉強」だけ。苦しくて仕方がない。楽しみなんて何もない。だから人に話すことなんて、何にもないのだ。

恋愛小説としての側面よりも、こういった閉塞感に強く感情移入してしまった。

恋愛小説としてはとってもオーソドックスな展開。そして迎えるハッピーエンド。でもそのハッピー具合が心地よい。甘すぎず、かといってさらりとしすぎず、なんだか「きゅん」となってしまった。

加えて、登場人物たちのキャラがいい。主人公の咲奈。その妹のカナ。浪人仲間の春子に亨に健吾。特に亨がかっこいいのなんのって!!! 19の時にこんなひとが周りにいたら、わたし、間違いなく恋に落ちています!って宣言できるくらい、かっこいい。

たまにはいいな、こういう小説。ハルキ文庫、意外と侮れないかもしれない。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

淡い想いと微かな光

2015/12/27 18:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はる - この投稿者のレビュー一覧を見る

わたしも浪人時代を過ごしました。
自分にもこういう仲間がいたらなと思う反面、
経験した人しか味わうことのない
その時間がほんの少し愛おしくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/25 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/05 10:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/24 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/30 03:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/24 14:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/20 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/31 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/02 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/10 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/09 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/10 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/17 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

21 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。