サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

12/3~ <honto限定!電子おまけ>「ぼぎわんが、来る」映画化記念キャンペーン(~1/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (12件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
23 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

モーパーゴの筆がさえわたる一冊

2010/08/11 07:01

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のはら そらこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新米記者レスリーのところに、世界一有名なバイオリン奏者パウロ・レヴィにインタビューするチャンスが舞いこんできた。先輩記者はレスリーに「プライベートな話題はだめ、とくに、モーツァルトの件についての質問はだめ」とアドバイスする。
 緊張して「モーツァルトの件には質問をしません」などと口走ってしまったレスリーに、バイオリン奏者パウロは、「秘密は嘘と同じだと言う人もいる。とうとうその嘘をやめるときがきたようだな」と、心に秘めてきた物語を語り始める。それは、彼が9歳の時はじめて両親に明かされた、ユダヤ人強制収容所での物語だった。

 作者はあとがきで次のように書いている。

「第二次世界大戦中ナチスの強制収容所に入れられていた人たちの苦しみや悲惨さは、私たちにはなかなか想像できません。ナチスが行った犯罪は、あまりにも極悪非道なので、ふつうの人の理解を超えているからです。」

 収容所での話になると、いつもわたしは目と耳をふさいでしまう。その悲惨さにとても耐えられないのだ。

 この物語は、新米記者がバイオリン奏者に話を聞き、その話の中で、子ども時代のバイオリン奏者に両親たちが語るという入れ子の形にして、生々しさを消し、おもしろい読み物にしたてて、読みやすくしている。ガス室、遺体焼却場といった言葉はでてくるけれど外側から書かれ、血なまぐさい描写はなく、美しい言葉で静かに語られる。そして、モーツァルトが流れる。

 しかし、だからといって、シビアな出来事を甘く塗りなおしているわけではない。むしろ、明るく軽やかなモーツァルトの調べとの対比により、人の悲しみ、苦しみが、いっそうひしひしと伝わってくる。

 収容所で囚人たちのオーケストラによりモーツァルトを演奏されていた。ナチスに選ばれた才能ある囚人たちが、演奏させられていたのだ。多くのものがガス室へつれていかれるなか、好きな音楽ができるのはとても運がいいことだった。すばらしい音楽をつくりあげるのは、喜びや生きる糧でもあった。けれども、その音楽の使われ方は、このうえなく残酷なものだった。オーケストラ団員たちは歓びの音楽を奏でながら、心は悲しみに沈み、苦しみにもだえた。
 こうした彼らの葛藤と苦悩をモーパーゴはくどくどと説明せず、事実と情景、物語の設定と構成であらわし、読むものの想像にまかせている。そしてわたしちの心には、マイケル・フォアマンの美しい挿絵とともに情景が鮮烈に映しだされ、オーケストラ団員たちの複雑な心情が、ずしりと重く心にのしかかってくる。

 モーパーゴの筆がさえわたる一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

受け継がれていく戦争というもの

2010/08/16 20:14

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プラチナ若葉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

モーパーゴがまた一冊戦争について深く考えさせられる本をだした。

世界的に有名なバイオリニスト、パオロ・レヴィにインタビューした若い新聞記者が、緊張のあまり口を滑らせて、してはいけない質問をしてしまうところから物語が動き出す。

戦争を直接体験したわけではないパオロは、父が音楽を捨てた理由、母が音楽に深い愛着を持つ理由を、偶然出会った師匠と両親を引き合わせることから知る。そしてその秘密は幼いパオロに決してモーツァルトを演奏しないと決心させるだけの影響を与える。
しかし、最後まで父との約束を守りきったパウロはまた新しい世代に自分に伝えられた真実を伝えるという新しい決心をするに至る。

戦争の物語、といえば、今までその語り手自身が戦争の当事者である場合が圧倒的である。しかし、この物語は体験を伝えていくという点に着目しているところが新しいところである。

この物語は戦争が風化した時代に風化した場所に語られる、新しい形で戦争を語る可能性を秘めた作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦争

2018/07/30 10:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵本?になるのかな。
だけど、ナチスの収容所での悲しい記憶…。
すぐに読めたが、戦争のことを考えさせられるお話だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/30 01:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/04 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/04 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/13 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/19 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/03 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/29 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/29 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/17 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/24 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/18 08:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/30 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

23 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。