サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

王狩 1 (イブニングKC)

王狩 1 (イブニングKC) みんなのレビュー

  • 青木 幸子 (著)
  • 税込価格:5765pt
  • 出版社:講談社
  • 発行年月:2010.10
  • 発送可能日:購入できません

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

盤上で勝つことがもたらすもの

2015/09/01 15:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

久世杏は、祖父の使いで向かったデパートで将棋に出会う。当時六歳。その時に会った少年、曰佐英司、園川圭一、高辻図南と再会したのは奨励会だった。現在十二歳、奨励会二級。女性としての最年少昇級記録を更新中だ。

 同じ清洲良家九段門下の高辻図南を年上の弟弟子扱いしつつ、泥沼の様な戦いの中をまっすぐに進もうとする久世杏だが、周囲はそれを放っておかない。将棋界には双天、白木三冠と弓削四冠が君臨し、新聞広告料の削減は将棋界を圧迫している。
 いま将棋界に必要なのは、世間の目を引き付ける広告塔だ。そう考える稲森恒三将棋連盟会長は、久世杏、石川広海、綿貫毬乃という三人の女性奨励会員に目をつけ、彼女たちを初の女性正会員にしようと目論む。

 そんな周囲の目とは関係なく、本人たちも勝利のために死闘を繰り広げていくことになる。

 女性奨励会員を主人公としたマンガは珍しいかもしれない。久世杏は完全記憶能力を持つ少女として描かれるが、単に記憶力が良いだけでは、鬼の棲み家とも言われる奨励会を勝ち抜くことは出来ない。将棋に関して覚えているのは当たり前のことなのだ。そして、勝つためには血の一滴まで絞りつくして一手を放つ。
 そんな強さがありながら、女性的な美しさも兼ね備えて描かれている。例えば、力強く駒を打ちつけた結果、割れてしまった細い指の爪から流れる血の描写などは、男性を描いたのではあまり絵にはならないだろう。そんな部分を指摘され、本人が喜ぶとも思えないけれど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

王狩

2017/11/03 12:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

将棋マンガですね。
いきなりの棋譜ではなく、大草原から入る将棋マンガ。
いきなり引き付けられる展開だなぁ!と思いましたが、将棋が分かってないとおいてけぼりされる、そんな気もします。
ちょっと残念ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

記憶力

2017/05/07 13:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

6歳の時から将棋を始めた女の子のお話。
記憶力がものすごいという特殊能力を持っております。
これからばんばん成長していってもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/11 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/11 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/25 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/04 14:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/26 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/26 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/16 07:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/07 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/21 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

12 件中 1 件~ 12 件を表示