サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

才能は無いけど自信満々な人と孤独な神さま

2010/10/03 15:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 詩人を目指すといって他に何もしない大学生の柏木絆は、大学の裏山で遺跡を発見する。その遺跡にいた少女と出会い、彼女の詩才に驚嘆した柏木は、行くところがない少女を騙し、自分の弟子と称して、彼女の才能を利用しようとする。
 その少女、デシ子との生活も柏木視点では上手くいき、使いきれない金を手に入れた頃、彼の前に透という女性が現れ、ひとつの神話を語り始める。それは、一匹の猿と、それに言葉を与えた神様の話だった。

 色んなものにくじかれて来たのに、じいさんの言葉を胸に堂々とダメに生きる柏木。それが予想外の幸運を手にしながらも、その手段の後ろめたさに後悔を抱えたりもする。いたって普通の人間の姿がある。
 繰り返される過ちの歴史と、それを自分の手で終わらせようとする一人の人間、そしてその結果として引き起こされる世界の終末。その事態の一端を担うことになった柏木は事態を打開することが出来るのか。
 読んでいると落ち込んだり共感したりダメだなと思ったりするかも知れない。でも、基本的にダラダラした感がある気がするので、途中で飽きる可能性もあるかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/24 07:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/13 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/23 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/22 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/05 18:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/31 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/03 09:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/08 18:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

9 件中 1 件~ 9 件を表示