サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~7/31

hontoレビュー

愛はね、(白泉社花丸文庫)

愛はね、 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー31件

みんなの評価3.9

評価内訳

31 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

さみしさの行方

2011/04/05 22:43

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はぴえだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

愛はね、という言葉の響き。
とても優しく、可愛らしい印象。
そんなイメージで読み始めたら、見事に裏切られる。

苦しくて、せつなくて、やるせない。

恋愛もので、“せつなさ”というのは鉄板だが、それを平易な言葉で描き切っているので、知らず知らずの内に、のめり込まされてしまう。
ただ、リーダビリティの高さの要因は、文章(文体)だけではない。
テーマ選びのうまさ。
誰しもが抱いている、さみしさや孤独を、物語の中心に据えている。
それって、とても分かりやすいし、物語に入り込みやすくしてくれる。
感情移入がしやすい作品というのは、物語を楽しむには読者にとって大変ラクだ。
けれど、この作品はそんなにたやすくはない。

幼馴染に対する恋心や、家族への思慕を、ずっと長い間、自分の中に封じ込めたがため、身動きが取れなくなっている望。
そんな彼の苦しい心境が、丁寧に描かれていて、その分かりやすさに、読者は否が応でも彼に肩入れしてしまう。
その心はもう、読み進めていくのが苦しくなるくらい、さみしさで塗りつぶされていて、いたたまれなくなる。
濃密なその苦しい世界は読者の視野を狭くして、どうして誰も彼を分かってくれないの?助けてくれないの?とやりきれない気持ちを抱かせる。
しかし、ある事件をきっかけに望は変わる。
そこへたどり着いた時のカタルシスたるや。
すべてはこの時のための必然で、物語の何もかもを受け入れられるような気持ちになる、いろいろなことがあったのにも関わらず。
そう、それは、それだけ感情の降り幅が大きく、心を激しく揺さぶられた証なのだ。
この作品の難しさとは、苦しさとの戦い。
読み終えた時、心から逃げなくて良かったという、大きな喜びを与えてもらった。

胸をぎゅっとさせられる話。最後にはやさしい気持ちになれる話。
くすぶる想いも残るけれど、またそれは別のお話らしい。

久々に投げ捨てたくなりつつも、抱きしめて離したくない本と出逢うことができた。
これで終わりでも、うつくしくあるとも思うのだが、最後のおまけの短編を読んでしまうと、また胸を焦がすような続きを期待したくなるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切ない。

2017/07/05 19:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

望は昔から俊一が好き。
でも、ゲイであることを告げたときに一線引かれ、気持ちを告げることが出来ないまま、予備校生になりました。

俊一に気持ちを残しながら、求められるままに他の誰かと付き合う望。

気持ちに踏ん切りをつけさせてあげることが出来ない俊一も、葛藤のなかにいたのでしょう…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

愛はね、

2016/03/18 04:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のんの - この投稿者のレビュー一覧を見る

望視点で書かれてる、俊一へのジレジレとした思いを持ち続けながらのお話。俊一も望の事が好きなのだろうけどなかなかの頑固者。なかなかどうしてラブいそんな二人が幸せならそれで良い…。俊一視点の次巻を読むのが楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ヘタレ最悪

2016/04/21 02:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みゅー - この投稿者のレビュー一覧を見る

俊一の自覚の無さが、自覚する勇気が無かったせいで、ホントに可哀想な展開でした!
最後に思わずキスしますが、あれでやっと覚悟が決まったのかと思いきや、「ぼうや鏡をみて」では足踏み状態で一冊…
ありえない…
イライラさせられた作品でした。
むしろコッチだけ読んで終わりにすればよかったと後悔する位。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

うーん、うーん…

2016/03/21 17:36

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さきん - この投稿者のレビュー一覧を見る

樋口さんの作品は読んでるときはまり込んで夢中になりつつ、登場人物の内肖的な部分に若干イラッとくるものがあるんだよなぁ。文句なしに面白いと思うしページをめくる手は止まらない反面、なぜだか読むのがしんどい。文章の書き方、表現が自分には合わないのか…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

愛とは何かを問う作品

2015/11/26 10:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

評価の高い作品ですが、残念ながら私のテイストには少し合わなかったみたいです・・・
ただ、望の成長物語と考えると、良い作品かもしれません。
表現が、理解しにくくて、何回も読んでしまったところがありましたが、それは私の理解力の問題でしょうね。
相変わらず、小椋ムクさんのイラストは素敵です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダメ男を経て、ずっと思っていた幼なじみと結ばれる話

2016/10/31 21:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずっと幼なじみの俊一に叶わない片思いをしている望は、心の渇望を満たす為に言い寄ってくるダメ男たちと付き合っては別れを繰り返していました。
家族やDV男との確執を経て、自分の中にある俊一への愛を揺るぎないものと認め、少しずつ強く生まれ変わっていきます。
望の中にある孤独感に切なくなりますが、後半「さみしさ」という言葉をちょっと繰り返しすぎかな。
俊一の気持ちが友情から変わりつつあるところで話が終わっているので続き出ると良いな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/24 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/10 09:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/18 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/20 08:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/16 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/02 04:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/23 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/30 08:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

31 件中 1 件~ 15 件を表示