サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. シブミ 上
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

シブミ 上(ハヤカワ文庫 NV)

シブミ 上 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.0

評価内訳

28 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

日本人???

2014/04/30 07:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FUKY - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本人以上に渋みをしっかり把握している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シブミとは雄弁なる沈黙

2011/05/08 16:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

『シブミ』を読み終えるのがもったいなかった。じつに読書の充実感と満足感を与えてくれる小説。
これは今年の三月に早川書房からトールサイズの文庫として新しく発売されたが、初版はじつに古く1979年。
著者トレヴェ二アンの本は『バスク、真夏の死』をずっと昔に読んだことがあったけれど、これほどに深い印象はなかった。自分が年齢的に老いたので理解力が出てきたのだろうか。
人生を囲碁にたとえて考える大竹さんや岸川将軍に育てられたニコライはフリーランスの殺し屋。だが、ただの殺し屋ではない。これを読むと、生きるとはどういうことか、凡人とはどんな人間か、アメリカ文化とはなんて薄っぺらい文化であるか、アメリカ人とはなんとつまらない商人か、などなど、最近の世界情勢に照らし合わせてみてみると、はっと気づくことがいっぱいある。
ニコライにとって生きることはシブミを体現することにほかならない。日本文化の深い理解が背景にあり、日本人としては読むとスカッとする。
この本の素晴らしさは、訳者の菊池光さんの翻訳の力も大きいと思う。これほどの深みのある日本語を使って訳せる人はめったにいないのでは? 菊池光さんはディック・フランシスをはじめとして、ものすごい量の翻訳をしているが、この人の生き方自体がハードボイルドというかシブミを意識していると思う。それは本書の著者トレヴェアンと共通しているように感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/02 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/24 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/04 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/04 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/04 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/29 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/13 12:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/06 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/24 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/05 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/19 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/05 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/04 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

28 件中 1 件~ 15 件を表示