サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

hontoレビュー

ものかげのイリス Volume1

ものかげのイリス Volume1 みんなのレビュー

  • 艶々
  • 税込価格:6696pt
  • 出版社:日本文芸社
  • 発売日:2011/04/28
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

三方向の嫉妬が辿り着く先は

2011/05/02 03:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

『イリス』とは虹のことらしい。つまり、ものかげの虹。この虹が何を意味するのか。導入部たる冒頭のカラー頁がこの答えを鮮烈に教えてくれる。作者らしさの中に様々な色合いを見せる作品である。

利也:受験生の主人公。真面目な優等生。利也の心情の変化が本作の根幹を成すようである
七彩:妖艶な熟女。夫あり。現状では本作のキーパーソン。やや露出癖あり。利也と劇的な出会いを果たす
母:今のところ名前は出てこないが「主任」と呼ぶ男がいる40歳の総合職。利也と2人暮らし
真希:利也の後輩で交際相手。可愛い妹的従順さがあると思っていた利也に「女」の別の一面を見せる

七彩との不思議な出会いから、その心の奥底を見透かされたように誘われて“初体験”させられた利也の独白を軸に物語が進む。基本にあるのはチェリー(子供)だった頃とは異なる“子供ではない”利也の変化と、その周りの人物達の変化であろう。敢えて“子供ではない”としたのは、まだ分別ある大人でもないからである。大人になったような気でいながらまだ全然大人になっていない幼さも垣間見せる利也の心情が、彼を取り巻く女性陣の変化を通じて描かれていく。変化とは、要するに嫉妬、その要因である。知らないところで別の男とデキていた「女」達の淫らな一面。それまで「母」だった人が、妹のような「彼女」だった人が、それぞれ異なる経緯で「女」の側面を見せ始め、「女」になっていく。これに対抗する術の無い利也はオロオロするばかりだが、ここで母と同年齢の七彩が「利也も同じことをしていないか?」と暗に知らしめる件があり、これが本作のテーマなのだろうと読み手にも知らせる構図になっている。欲望という名の罪深き人の業を抉るように盛り込む作者らしい作風と言える。

『イリス』とは虹のことであるのと同時に虹の女神様のことでもあるらしい。七彩、母、真希の三者三様の思惑と、それぞれへの利也の想い。これらが濃密に交錯し絡み合っていく展開が今後予想される。今のところ『虹の女神』役は七彩が果たすようにも見えるが、この作者は時に意外な方向に終着点を持っていくことがある。まだ分からない。

相変わらず熟女感たっぷりな肢体描写で濃厚な官能シーンが描かれているが、まだ序盤ということもあって過度に激しいものでもない。それでも素敵過ぎるシチュエーションがいやらしさを増幅させている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/03 01:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示