サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0221-24)

hontoレビュー

オリエント急行の殺人(クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー103件

みんなの評価4.3

評価内訳

103 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

私の中でアガサと言えばこれ

2016/01/23 16:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ガーネット - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校の頃図書室で借りて読んでいましたが、また読みたくなったので買ってしまいました。
推理小説なのにこう言ってはおかしいですが、やっぱりアガサ・クリスティーは読んでいて妙に安心します。
初めて読んだ頃は特に推理せず話の雰囲気を楽しもうというぐらいでした。
再び読み始めるとあの頃の事を思い出してとても懐かしかったです。

とにかく初めて推理小説を読む方には是非お勧めしたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一度は読んでほしい探偵小説

2015/08/18 19:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:historian - この投稿者のレビュー一覧を見る

言わずとしれたアガサ・クリスティの傑作の一つ。2015年1月に日本風にアレンジしたドラマも放映されたので買って読んでみたが、オリエント急行という舞台といい、入り乱れる証言や証拠といい、意外すぎる真相といい、誰が読んでも引き込まれる探偵小説であることは間違いない。よく読み返してみると「ここはおかしくないか?」というつっこみどころがあったり無かったりするが、まあこだわらずに読むのもいいでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いじられキャラの名探偵ポアロ

2019/11/04 12:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KTYM - この投稿者のレビュー一覧を見る

アガサ・クリスティ、1934年の作品。
大雪に降り込められ、立ち往生した深夜のオリエント急行で発生した殺人事件。
事件に挑むのは、偶然乗り合わせたベルギー人の名探偵エルキュール・ポアロ。
容疑者は寝台車に乗り合わせた国籍も社会階層も様々な乗客たち。雪のため誰も逃げられない「クローズドサークル」の状況下、ポアロによる捜査が始まります。
本作では、「ちょっと変な外人」というポアロのキャラクターが際立っています。「スタイルズ荘」での初登場以来、回を重ねる毎にポアロを描く筆致はこなれてきて、今や作者自身、ポアロをイジるのが楽しくて仕方ないといった按配です。
「・・・エルキュール・ポアロは口髭を濡らさないようにしてスープを飲む仕事にとりかかった。」
「(ポアロは)毛髪をカールさせるのに使う焼きごてを持って戻ってきた。『口髭に使ってるんです』焼きごてのことをポアロはそう説明した。」
「(ポアロ)『わたしの名前はご存知と思いますが』『そういえば、どこかで聞いたような―婦人服のメーカーの名前だと、ずっと思ってたんですが」

そして、誰もが驚き、誰もが納得する大胆且つシンプルなメイントリック。「アクロイド殺し」や「そして誰もいなくなった」などもそうですが、クリスティは「読者を如何に騙すか、そして愉しませるか」ということに拘り、考えに考え抜いた作家なのだな、と感じました。
実は今回は、小学校高学年での初読、英語の勉強もかねた中学生時代の原書での再読に続く、3度目の「オリエント急行」だったのですが、忘れようもない「衝撃の真相」を念頭に読み返してみると、のっけから登場人物の怪しい言動や手掛かりが満載。あちらこちらに真相を示唆するヒントが明示されていて、本当に良く出来た推理小説だと驚き、かつ感心した次第です。
誰が読んでも満足できるミステリ黄金期を代表する傑作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

色褪せない名作

2017/12/21 17:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

学生時代に読みつくしたクリスティ
何十年後の今 新訳のクリスティを読み返しています。
オリエント急行殺人事件は今また映画化もされていますね。
長きにわたって愛され続ける名作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリに精通している人にこそ衝撃を与える事件の真実

2016/12/26 21:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

アガサ・クリスティーによるミステリー小説。
読んだことはなくても、名前をきいたことがある人は多いと思います。
この事件の真実はミステリーの常識に反しているかもしれませんが、
実際にこういう事件もあるのではないかと思いました。
まあ、起こったとしても気付くのは容易ではないと思いますが・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさに名作!

2013/12/22 20:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

凡人が何をか言わんや。
トリックと言い話の流れと言い名作の中の名作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

オリエント急行殺人事件

2012/11/09 17:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シャトル - この投稿者のレビュー一覧を見る

感激です、素晴らしいミステリー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古典中の古典

2019/10/17 14:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

古典中の古典という感じですが、登場人物が皆生き生きと描かれていてやはり面白いです。同じく列車が舞台の青列車の謎よりは完成度が高い、と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/19 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/28 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/06 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/23 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/10 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/28 09:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/10 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

103 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。