サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

百年文庫 68 白

百年文庫 68 白 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

研ぎすまされた命のきわどさ

2012/05/31 08:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

色にはそれぞれイメージがある。たとえば、赤であれば情熱、青であれば若々しい感じといったようにである。では、白となれば、無垢といったところだろうか。
 人それぞれにそのイメージも違うだろうが、白にはやはり汚れのないものを誰もが想うのではないだろうか。
 「百年文庫」の68巻めの書名はその「白」。
 収録された三短編も、その色にふさわしい純な作品である。梶井基次郎の『冬の蠅』、中谷孝雄の『春の絵巻』、北條民雄の『いのちの初夜』、いずれも研ぎすまされた命のきわどさを描いた名作だ。

 梶井基次郎といえば、代表作『檸檬』でお馴染みの作家である。いまだに人気が高い。本書に収録されている『冬の蠅』も短編としての評判は高い。
 療養生活で塞いでいる主人公の前を「よぼよぼと歩いている蠅」。それは、「夏頃の不逞さや憎々しいほどのすばしこさを失って」いる、冬の蠅である。その姿に、療養中の自身の姿が重なっていく。
 主人公の目に、死の影がかすめる。
 梶井の作品の魅力は冷徹までに自身を見つめる視線だろう。その厳しさが読む者を打つ。この作品にしてもそうだ。
 冬の蠅はそれを見つめる自分自身でもある。そして、それはもっと神々しいものの視点にも重なっている。

 北條民雄の『いのちの初夜』は、かつて不治の病といわれ禍々しいものとして隔離を強制されたハンセン病の療養施設の物語だ。北條自身がその病に罹り、その経験によって書かれた作品である。
 ちなみに北條は川端康成と手紙での親交があり、この作品を『いのちの初夜』としたのは川端だという。
 なまなましい療養施設の患者たちの様子、その病気に罹った主人公の苦悩、死への誘惑、それでも生き続けようとする力。
 人間とはかくも脆いものでありながら、それでも生命は尊く、等しく生きる権利がある。
 それを描く北條の筆は、悲痛であるが、明け方の露のようにきらめいてもいる。
 名作である。

 中谷孝雄の『春の絵巻』は、「初めて春に逢ったような気がする」と言い残して自死した同級生と初めての恋に心ときめかす大学生の姿を描きながら、若い生命のときめきを描いた作品である。

 青春期は生命に躍動する時期でもあるが、同様に死の影にひきつけられる時でもある。
 すべては、まだ色に染まらない、白。彼らがそれぞれの色を持つのは、もう少し、先の話かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/14 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/24 04:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/08 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/24 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示