サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1018-22)

hontoレビュー

図書館危機(角川文庫)

図書館危機 みんなのレビュー

文庫 第39回星雲賞 日本長編部門 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー549件

みんなの評価4.4

評価内訳

549 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

表現規制についてちゃんと考えてみたい

2011/06/06 09:41

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語はいよいよ佳境に。
そして、登場人物がそれぞれに成長したな、と感慨することしきり。

王子様から無理やり卒業させられた郁だけど、図書館戦争のころから比べると、大人になったなーと、姉か親のような気分になってしまう。

読みやすさが前面に挙げられるこのシリーズ。
しかし、中身はけっこう深い。

禁止用語に関して、かなり掘り下げて描かれいるが、禁止用語に突き当たるのは、マスコミ関係の人たちばかりではない。

身近なところでいうと自治会のお知らせ、PTAの書類など、文言に苦慮した経験のある人は多いだろう。

著者があとがきでも述べているように、その多くは自主規制による。
苦情が来たら困るから、というのが、その理由だ。
そんな理由で、どんどん言葉を弾いていくのは、やはり恐ろしいこと。深く考えずに言葉を摘むのはよくない。

さて、今回も文庫版としてのおまけのショートストーリーは『ドッグ・ラン』。
個人的には、これまでのショートストーリーの中でこれが一番面白かった。

また、文庫化特別対談として、著者と児玉清さんとの対談その3。こちらでも、表現規制について語られている。次の図書館革命・文庫版にも、児玉清さんとの対談は掲載されるのかな?
もう、児玉さんの文章が新たに紡がれることはないのだと思うと、とても寂しい。
心から、ご冥福をお祈りします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

図書館シリーズにはまってしまった!

2018/08/04 19:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こたまきむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「図書館戦争」というタイトルに興味が持てずにいたのですが、シリーズ1~3を一気に読んでしまうほど、図書館戦争シリーズの虜になってしまいました(笑)
登場人物達がそれぞれ成長しているのもおもしろいし、堂上と郁の恋の行方が気になるところ!
柴原と手塚の今後の関係も気になっています。
シリーズ4も今から読むのですが、とても楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい

2017/12/19 14:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本大好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館が武装した「図書隊」。良化委員会から本の自由を取り返そうとする。言論の弾圧というテーマだが、とても面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

発見

2017/10/16 22:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段何気なく使っている言葉にも差別的なものもある、ということに気づかされました。言葉の奥深さを感じるストーリーでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読むべき

2016/02/19 16:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とある男性 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一度読んだら止まらない♪───O(≧∇≦)O────♪こんなにハラハラ、ドキドキする本は初めて読んだ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気読み!

2015/12/25 20:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リベルテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物が、活き活きとしている様子にぐんぐん引き込まれて読破!
内容も現実だったら・・・?と考えてしまう点があり、とにかく楽しく読破!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ベタな恋愛場面もありますが

2015/08/23 07:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Neko - この投稿者のレビュー一覧を見る

有川浩ファンで、文庫化を待って順々に読んでいる
のですが、何故か「手が出なかった」図書館戦争シリーズ。
理由はよくわからないのですが、避けていたシリーズ。
とうとう読んで理由がわかりました。
ハマってしまうだろうと言う予感がそうさせていたのでしょう。
目が離せない展開に、全巻そろってから読み始めることが
できて良かったです!!
別冊2まで、イッキに読破しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

激動の第三巻

2015/02/06 23:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鏡華 - この投稿者のレビュー一覧を見る

各キャラクターの関係が深まっていく第三巻。今回は静かな攻防と激しい攻防、両方詰まってます。
まず、検閲に関連して差別用語が取り上げられています。「あとがき」で「床屋が放送禁止用語になっている」と知った時は驚きました。図書館戦争の世界ほどではありませんが、身近なところで、自分の知らないうちに言葉が狩られていることを実感しました。
後半の県展での攻防戦は展開が目まぐるしく、あっという間に終わってしまったような感覚です。玄田隊長もかっこいいですが、郁のお父さんもかっこいいです。『一般市民の美術作品にそこまで躍起になるか?』と思いもしましたが、日本以外の国の現状と、芸術が持つ、人の心を動かす力を考えると、あり得ないことではないと納得しました。
最終巻に向け、沢山のことが詰まった第三巻。必見です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

<図書館戦争>サーガ エピソード3

2011/08/21 08:28

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yosh - この投稿者のレビュー一覧を見る

 有川浩の人気を一気に爆発させた『図書館戦争』シリーズが文庫化されたので、これを機にこのシリーズを一冊ずつレヴューしてみよう。

 「図書館」vs.反図書館体制のガチンコ勝負を描き、爽快感横溢の『図書館戦争』。組織内部の権謀術策百鬼夜行に分け入り、物語が内に内にと深まっていく『図書館内乱』。そして第3弾の本書は、またもや視点を変えて、読者の予想を裏切る。今回は、図書館支持派vs.反対派の次元に留まらず、<表現の自由>という大きな視野で物語世界を俯瞰しようというのである。
 まずは売れっ子俳優のインタビュー記事を巡る騒動を序曲として、「放送禁止用語」の存在をクローズアップする。次いで、地方の美術展で最優秀作品賞を獲った「自由」というオブジェを巡る、壮絶な攻防戦をスリリングに描いていく。自主規制の蓑に隠れがちなマスコミの在り様にも容赦なく厳しい目を向けていき、我々が日々直面している現実の重みが加わった分、その迫力が倍加している。エンタテインメントとしてよく出来ていることに加えて、そこにこういう形で現実の生々しさを導入し、作品世界に厚みと真実味を加えた著者の戦略と筆力には恐れ入るしかない。
 本書の最後には、或る重要人物が現場を離れることになるのだが、フィナーレに向けて着々と布石が置かれていき、読者の期待はいやが上にも高まっていくのである。

 To be concluded
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

糖度高め

2018/12/07 09:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

王子様の正体がバレた後どうなるのかとワクワクしながら読了。
郁の心情には変化はあったけど、2人の環境はスローに進みます。
今作品で、床屋と言うのが実際に差別用語だったりとかが分かり、ビックリ!
それよりもビックリしたのは、飲んだ後のスポーツドリンクがダメだと言う事。
あ〜、そういえば何回かやっちゃってるかも…。にしても、女子は怖い…。
女子校出身ですが、大人になった女子達の方が、やることえげつないですね〜。
オマケストーリーは甘々度が低くて、少し残念…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

月9クール第三期。

2016/12/29 18:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初のコンセプトが月9ドラマでラブコメ、ということだったがメイン以外にもカップルはたくさんいるわけで。
ドロップキックから始まり今度は大外刈りかよというツッコミは脇に置いて。
女の子らしさを強制する母親という郁の事情が重なった上に、防衛力をほとんど失った状態をよしとするような図書館からの救援と、さらに物語が加速する。

個人的には、稲嶺司令を見送るシーンが心に残った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不安と期待と希望の一冊

2016/04/08 13:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:へっぽこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

何度も中断してようやく読了。
目次の5章見た時点で悪い予感しかしなくて;
でもだんだんほぐれて開いていく柴崎と、手塚が嬉しくて、胸が熱くなりました。
みんなそれぞれに、自分の安心できる場所を見つけて、幸せになるといい。
安心して素顔で居られる世界であって欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

放送禁止用語

2016/02/20 14:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

放送禁止用語ってあからさまにわかるものもあれば、軽度のものは私も案外知らずに使っているのかもと思いました。不勉強なのでちょっと気を付けたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

物語の中から現実を知る

2016/02/08 13:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

≪ネタバレ≫

この物語のカップル(?)はみ~んな素敵な関係だ。
郁と堂上はまぁ、当然として。。。
鞠江ちゃんと小牧。折口さんと玄田。そして手塚と柴崎も!!!
郁が親御さんと和解して、柴崎への嫉妬心から堂上への気持ちを自覚して。
そして、大攻防戦。
ニヤニヤから始まり、涙腺を何度も刺激され、怪しさ十分^^;
あとがきでは職業に対する忌避言葉が現実にある事を知り
こんな世界は、物語だけで十分なのにと、ちょっとだけ恐ろしくなる。
その方が楽チンだから。。。なんてことで、大切な事を見失わないようにしなくっちゃ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

べたで甘いラブコメなので

2015/10/29 14:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リース - この投稿者のレビュー一覧を見る

取り扱われている内容は、ラブコメで表現の自由を議論しているって感じです。内容としては深いのですが、好き嫌いははっきり分かれるんじゃないかと。映画もやっていますし、興味を持たれた方は一読の価値ありです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

549 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。