サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー33件

みんなの評価3.9

評価内訳

33 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ミステリ風猟奇デレ・精神病風味

2011/08/01 00:12

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

多重人格・乖離性同一性障がいをテーマとしたミステリかと思いきや、ただの猟奇モノというか、ヤンデレ
文章が陰鬱でキャラクターも曖昧
まるでストーリーに引き込まれない
いかにもラノベ然とした表紙が、実は一番ストーリーを表現していたのは評価できる
しかし、「結局何がしたかったのか?」という話で、精神異常の苦しみも異常性も周囲の人間の苦労も何も描かれないで単なるネタ・ミスリードとして扱っている
「今までの描写は伏線だったのか!」ということはまったくなく、ラストにいきなり「何きっかけ」なのかも良く分からず発病するデレと唐突なオチ
決着も灰色で、主人公ですら何も受け止められていない
「インチキくさいリアル」な心の病好きな人向け

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

主人公が幼いころの殺人事件と向き合う話

2018/12/31 17:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

精神的に不安定な主人公が幼いころの殺人事件と向き合う話。
主人公が記憶喪失で幻覚などもみることから「、信頼できない語り手」になっているため真相が分かりにくく最後まで楽しめた。
殺人鬼の「門」の描写はレゾンデートルでもあったけど、作者のお気に入りなのかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/24 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/16 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/06 02:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/22 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/22 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/11 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/21 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/19 13:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/30 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/19 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/31 07:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/07 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/12 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

33 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。