サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

hontoレビュー

グラゼニ 01(モーニングKC)

グラゼニ 01 みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー59件

みんなの評価4.1

評価内訳

58 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

野球マンガ?

2016/11/30 17:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

このマンガは数ある野球マンガには無い、ちょ~現実的な話が描かれています。プロ野球選手は「夢を売る」職業と言われますが、そのプロの世界も甘くない。ドラフト1位で鳴り物入りで入団した選手でも1軍で1度も出場することなく球界を去っていくなんてことは、現実的に起こっている訳で…。そんな現実的な「プロ野球」という世界を少し冷めた目で見られるマンガです。タイトルの「グラゼニ」は「グラウンドにはゼニが埋まっている」という意味で、主人公は非常に人間臭く「ゼニ」にこだわっている日常が描かれています。しかもエースとかではなく、中継ぎ投手。主人公はスーパーマンのような野球マンガと違った面白さもあると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

数字から見えるプロ野球のドラマ

2011/05/29 15:42

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 プロ野球を舞台にしたマンガ。新鮮なのは、年俸を中心とした数字という点から描いていること。主人公は、高卒8年目の投手、凡田夏之介。左サイドスローという貴重なフォームの持ち主であり、中継ぎとして1軍ベンチに名を連ねている。彼は、選手名鑑を読むのが好きで、全球団の一軍選手の年俸を記憶している「年俸オタク」。そして、登板時は対戦する打者の年俸、入団何年目か、現在の打撃成績は、といったことを考えながら抑えたり打たれたりしている。
 なんとなく、ギスギスした内容をイメージするかもしれないが、決してそんなことはない。人物の絵はデフォルメされているがそれほど癖はない。物語もシビアではあるが、プロ野球の持つドラマがリアルに感じられる。例えば、年俸1800万円の左投手を、年俸700万円の右の代打が打てなければ、チームは打者を二軍に落とす。なぜなら、その打者には数千万~億レベルの投手は打てないと判断するから(そして打者が打てれば、今度は投手に二軍落ちの可能性がある)。他にも、外野手は守備に特徴がなければ打率3割かホームラン30本を求められる。ということは、年間144試合の5分の1に当たる開幕から29試合までに、最低でもホームラン6本を打つことを期待される。
 さらに、プロ野球選手は何歳まで続けられるか分からない。また引退後に年収が100万円台まで落ち込む人もいる。そうした点にも危機感を感じ、夏之介は現役時代にいかに稼ぐかを考え、投げ続ける。そこで彼がつぶやくのが、タイトルにもなっている「グラゼニ」。これは「グラウンドには銭が落ちている」という、名将鶴岡一人監督の言葉を略したもの。
 お金という視点から考えるのは、身も蓋もないと言えばそうなのだが、不思議とそれぞれの選手に肩入れしたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最初の頃が面白い

2017/04/05 04:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toshi - この投稿者のレビュー一覧を見る

プロ野球の中継ぎ投手を主人公に、「お金」にスポットを当てた漫画。

連載当初から東京ドーム編まで読んでいますが、連載初期の、年収1800万、プロ野球界では微妙な立場にいる頃の主人公が個人的に好きでした。

先発転向、大リーグ挑戦、球界の盟主チームへの移籍、と主人公がプロ野球界での立場を向上させながら活躍していく話も面白いし、脚本も絵もどんどん洗練されていくのも見ていて楽しいのですが、最初のころ(1〜5巻あたり)の泥臭い感じにはかなわないかな、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/29 07:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/13 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/08 07:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/27 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/15 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/11 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/26 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/01 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/13 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/03 20:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/02 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/08 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

58 件中 1 件~ 15 件を表示