サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

hontoレビュー

ジブリの哲学 変わるものと変わらないもの

ジブリの哲学 変わるものと変わらないもの みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー35件

みんなの評価4.0

評価内訳

35 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

スタジオ・ジブリを総括したような文章が収められているプロデューサー・鈴木敏夫の本

2018/09/16 23:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

あのスタジオ・ジブリのプロデューサーを長く務めている鈴木敏夫の本。
アニメーション映画のプロデューサーではあるが、それ以前は雑誌記者・編集者でもあった人であり、以前からいくつか本を出していたり、ラジオのパーソナリティをつとめたりしているので、もうこの人自身がジブリの顔であるかのような活躍をされているので、これまでにも著書を何冊か読ませてもらった。
本書は、ジブリでいうと宮崎駿の『風立ちぬ』が公開までの何年かの文章などが集められている。しかも、岩波書店から出版されているなんてのがある意味での特徴かもしれない。
なので、いくつかの文章はスタジオ・ジブリの30年を総括するようなものとなっているし、どうしても多くはジブリ作品やスタッフの話になっている。これまでにも別のところでも語られていたものもあるが、こうしてまとまっていると改めてスタジオ・ジブリがどんな存在だったのかというのを知ることができて面白かった。
そうした面白さは、後半に収められている5編の対談録でも表れているように思う。
そこには常に時代感覚といっていいような、世間の見方・感じ方が表われているし、その感覚こそが鈴木敏夫という人をジブリのプロデューサーとして際立たせてきたものではないかと思える。
そして、最後の章で自身の来歴などを語っている文章が収められてるが、そこまで読んでくると、上記の時代感覚を培ってきたものがわかってくるような気がする。
個人的にはスタジオ・ジブリのこぼれ話的なものも面白かったが、岩波少年文庫の解説文「思春期は終わらない」がなかなか示唆に富むもので面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/19 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/16 01:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/12 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/03 16:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/22 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/06 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/14 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/16 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/02 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/16 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/09 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/02 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/09 17:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/04 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

35 件中 1 件~ 15 件を表示