サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

hontoレビュー

ブッダ 今を生きる言葉

ブッダ 今を生きる言葉 みんなのレビュー

写真集

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

シンプルで美しく、仏教の入門書に最適です

2013/11/25 09:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:そらみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブッダの教えや基本思想を学んでいるうちに、仏教に対する疑問が湧いてくることはないでしょうか?
 はたして「ブッダは本当にこんなことを言っていたのだろうか?」、どこまでがブッダが言ったことで、どこからが解釈なのだろうか?
 もちろん、今に伝わるブッダの言葉でさえ本当に語られた言葉なのかどうか疑わしい点はあるのでしょうが、それでもブッダの言葉として伝わっているもの、仏教の原点を知ることはとても重要なことではないかと感じていたときに本書と出会いました。
 本書は、ブッダの言葉の入門書のように、知りたいことが端的に書かれていて無駄がない、シンプルで美しい本です。

 持ちやすくて、写真も装丁もきれいで、難しく考えることなく気軽に読める。
 ふむふむなるほどと読むのも良いし、へーっと読むだけでも良い。さらに踏み込んで自分自身の解釈をすることもできます。

一、装丁が良く、大きさがちょうど良い。
  お値段はフルカラーを考えると\1,995は妥当、半分写真集なのにハードカバーより一回り小さくて持って読むのに適しています。

二、写真が美しく興味深い。
  スクーリングで資料の中にあった写真がフルカラーで見ることができます。
  よりイメージが広がります。

三、書かれている内容がすごく良い。
  書かれている言葉はブッダが語ったとされる言葉です。
  テキストや参考文献とは趣が違い、あえて解釈を加えていない、言葉そのものが載せられています。
  文字がシンプルにやや大き目の字でページの真ん中に配置されており、ある種の佇まいを感じさせます。

 仏教に興味のある方はもちろん、や写真家の六田 知弘さんの写真が好きな方にもおすすめの一冊だとおもいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言葉だけでなく写真も美しい本

2016/04/23 21:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

たいそう美しい本です。
この本を手にとったのは、ブッダの言葉よりも多い六田知弘さんの写真の美しさ。
ブッダの言葉を現代語にしてわかりやすくしたものですが、
ブッダの思想は現代ではあまり受け入れられないといいます。

『ブッダの言葉は厳しすぎる』
ブッダの言葉はいわゆる「宗教的」ではないかもしれない。
そこに直接的な慰めの言葉はない。癒しの言葉もない。

たしかに下手な慰めの言葉は、逆に気持を逆なでされるような事がある。
何も言わず、一人にしてくれた方がいい場合もある。

ブッダの言葉に戻ると

ジャスミンの花が
しおれた花びらを落とすように
欲望と怒りを捨てなさい。

と言う風に「捨てて無になる、空になる」という事を繰り返し言っているのですね。
確かに、すぐに出来るような事ではなく、あくまで理想を追求する、というものが多い。
ただ、その通りに行動せよ、というマニュアルではなく、
「気づきを促す」というものが多いのです。

今の所、私は無宗教だし、お祓いに行くつもりもないし、自己啓発本は読まないけれど、
この本は、押しつけがましくない、そっと一人にしてくれるような本。
言葉がわからなければ、美しい写真をぱらぱら、見る。
それだけでもいいような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示