サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

江戸古地図散歩 回想の下町・山手懐旧 新版(コロナ・ブックス)

江戸古地図散歩 回想の下町・山手懐旧 新版 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

東京を歩くにはこの本が一番良いかもしれない

2012/05/26 21:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHKテレビ番組『ブラタモリ』を好きでいつも見ているうちに、息子が東京の大学に入学したので、実際に東京へ出向くことが多くなり、どうしてもテレビで見知ったことなどを改めて活字で知りたくなったということや、何より古地図を見るのが面白くて、このところ江戸古地図に関係した本を読んでいる。その中で見つけた1冊がこの本だ。
平凡社のビジュアル本のシリーズで、江戸古地図と現在の地図が並べられていたり、いくつか建物などの写真も収められていて、それだけでも十分楽しめる。
だが、この本はやはり、池波正太郎の本だった。
古地図や写真の面白さよりも、ずっと池波正太郎の文章がいい。もちろん池波氏自身が江戸時代に生きていたわけではないが、昭和初期から太平洋戦争前後の彼の記憶にある東京を懐かしみつつ、現在(と言っても文章が書かれたのは70年代だと思われるが)の東京の変貌を嘆いており、その文章が何ともいえず粋なのだ。
文章は大きく「第1章 回想の下町」と「第2章 山手懐旧」からなる。
主に隅田川沿い、深川など下町のあたりは、池波氏の暮らした町だ。氏自身が生活していた場なので、思い出も多くはっきりとしている。
一方山手となる上野などのあたりも、池波氏が親しんだ町だ。
どちらも池波氏が親しみを感じている頃にはまだ江戸の雰囲気がかなり残っていたようだ。そして、そこから氏のいくつかの作品のフレーズが出てくると、もうあの小説世界に入ってしまったかのようになってしまう。
江戸古地図に関連した本はどれも面白いが、一方でやや単調な感じもしていた。だが、この本は文章に魅入ってしまうところが他の本と違うところだし、そこがやはり池波正太郎なのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/28 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/09 12:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。