サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

hontoレビュー

木挽町月光夜咄

木挽町月光夜咄 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
25 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

帽子をとって、や、奇遇ですな、と。

2012/02/27 19:02

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アヴォカド - この投稿者のレビュー一覧を見る

流行りの言葉を使っていないというだけで、安心出来る。
だからと言って、古くさいわけでもない。とても丁寧に言葉を操るので、時間がゆったりと流れていく。

著者初のエッセイ集。
流れる時間の速さは、小説の時と同じように感じる。

自分の好きな小説のタイトルが登場すると(「体の贈物」「オン・ザ・ロード」「原稿零枚日記」など)、や、奇遇ですな、と帽子をとって挨拶したくなる。
音楽(ロック)の話も、食事の話も。

過去、現在、未来が入り組む。
江戸も今もちょっと先も、みな等しい距離にあるような。

確かに音吉さんは、そこにいて、「ぴしゃりとばかりに店の戸を」閉めた、と思うよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

吉田篤弘さんの初エッセイ!

2012/06/26 12:04

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大切に大切に読んでいた本です。
吉田篤弘さんの初エッセイです。
以前、小説「それからはスープのことばかり考えて暮らした」を初めて読んで、これは私にとって初の吉田篤弘さんで、これがすこぶる良かった。
当時の書評(2006年12月6日)を読み返したら、またまた読みたくなってしまいますが、それからは彼の小説は読んでは感動、読んでは感動の繰り返しだったのです。

去年だったか、NHKラジオの番組で平松洋子さんがゲストで出演されていて、ちょうど読み終わったばかりの吉田篤弘さんの「木挽町月光夜咄」がほんとうに良かったといわれているのを聞いて、これはもう買って読もうと思った一冊でした。
それが先日のこと図書館へ出かけたら、棚にこの本が並んでいる!「えっ!並んでる!わっ!これは誰に読んでもらわなきゃ」と、あわてて、レビュー投稿をしているところです。

吉田篤弘さんのひいおじいさんが銀座で鮨屋をしていた話や、
神戸の本屋と古本屋と中古レコード屋と食堂と喫茶店に行く話や、
本を作る時のこぼれ話や、同業者の相方さんとの日々の暮らしや…。
読んでいるとおだやかな気持ちになる、一人くすりと笑ってしまう、今日はいろいろあったけど明日また目覚めたら頑張ろう…、そんな気持ちになりますよ。

読んでいて彼の小説を思い出し、小説を読みながらエッセイと勘違いしたように、このエッセイを読みながら小説を読んでいるような気分になる。なんかこの不思議な気分、分かち合える人はきっと5人はいると思います。

相方さんとの会話が楽しみで読んでいるのですが、
「あとがき」のところで次の楽しみを見つけました。ちょっと引いてみますね。相方さんの言葉です。

「わたしは、ひとりで御飯をつくること、自分ひとりで食べる御飯をつくることについてちょっと言いたい。というか、いまはそういう本が読みたい。」
そうしてこう続ける
「そういう本が読みたい、って言ったけど、そういう本をわたしはつくりたい。自給自足というかーあのね、(続く)」

その言葉を聞いて、吉田さんは一人暮らしの母のことに想いを馳せ、彼女が言う「ひとり御飯」の夢想本もぜひ実現させたい!ときっぱり宣言しています。

こちらも楽しみですねぇ。こうやって読書の楽しみはどんどんつながって、どんどん深くなっていくのですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

味わい深い

2015/03/26 06:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者初のエッセイ集らしいのですが、雰囲気というか世界観が普段の小説(?)と同じでいつもの吉田さんだなと思わせてくれる一冊でした。誰から見ても良い人生を味わっていると言われそうな日々の吉田さん。ますます好きになりそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/18 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/18 17:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/02 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/13 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/06 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/13 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/31 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/30 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/14 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/20 12:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/19 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/27 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

25 件中 1 件~ 15 件を表示