サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 第4回 丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン(~1/13)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー98件

みんなの評価4.4

評価内訳

98 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

八雲師匠と落語

2012/02/02 14:20

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:胡柚子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

刑務所を出たばかりの与太郎が、まっすぐ向かったのが、昭和最後の大名人八雲。
弟子をとらない方針の八雲だが、行き場のない与太郎を連れ帰ります。ただし、稽古はつけてくれず……。
1巻では、与太郎の純粋さ(天然?)と、落語に対する熱い想い中心に描かれていました。

2巻では、与太郎の大失敗。そして、八雲師匠の過去が描かれています。
とくに八雲師匠の過去については、1巻ではあまりに謎が多く、気になっていました。
読んでみて、噺家として、人として、八雲師匠にさらに惚れました。

与太郎がどんな噺家になるかも期待しているので、3巻を早く読みたいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度読んでも面白い。

2012/01/25 01:05

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃおたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

正直いって、画はあまり好みではないが、話の端々に作者の落語に対する愛を感じる。
とても面白い。
3巻が出るのが楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

戦前・戦中の落語界の雰囲気を伝えてくれる

2017/03/26 00:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

「与太郎放浪篇」の其の五は、前巻の積み残しの感もありますが、その後に続く「八雲と助六篇」の振りのようにも読めてしまいます。
そして、話は一気に戦前・戦中に遡ります。おそらく心ならずして落語家の道を歩むことになった菊比古と、破天荒でありながら落語の申し子ともいえる初太郎の修業時代の話です。
この「八雲と助六篇」がまた読み応えがあります。性格も落語のスタイルも異なる菊比古と初太郎がいかに成長していったのかが、昭和の初めの時代風景とともに描かれており、この話そのものが落語や何かに出てきそうなエピソードばかりなのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

もう戻らぬ日々

2017/01/20 02:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:四郎丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

助六(初太郎)と菊比古(八雲)の青春の日々が語られます。若くて貧乏で夢があって、ついでに才能もあったら・・・それは楽しいですよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こうして物語は始まった

2015/09/10 11:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

八代目有楽亭八雲師匠に弟子入りした元やくざの与太郎は、前座になって落語を学んでいくに従って、師匠の落語が自分には出来ないと思い知らされて来ていた。そんな彼が目を付けたのは、小夏の父である有楽亭助六だ。彼の軽妙で洒脱な語り口は自分に合っている気がする。でも何かが違う。
 そんな悩みに囚われていた与太郎は、八雲師匠の独演会であり得ない大失敗をやらかし、ついには破門をもし渡されてしまう。

 寒い雪の日に門前にしょんぼりする与太郎を見かねた小夏が八雲師匠に取次いでくれ、何とか勘気を解くことが出来たものの、復帰に三つの条件を出された。そしてそれは、助六師匠と八雲師匠の約束に関わるものだった。
 与太郎の大失態から、物語は過去の回想編へ。八雲師匠が語る助六師匠との出会いが描かれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

師匠の過去

2017/06/06 11:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

実はこちらが本題って感じの「八雲と助六編」。
八雲と小夏の父親の助六の過去が語られます。
まるでタイプの違う二人の落語家はどういう人生だったのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

猥雑な時代を描いても

2017/05/15 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

八雲過去編に突入しました。戦前から戦後の混乱期を描いても 決して下品にならないあたりは作者さんのセンスですね。続きが楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

過去語り

2016/09/08 14:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

「破門しねぇ代わりに なァ与太郎 アタシ達ゃあ みっつ約束しなけりゃならないよ」


与太郎が八雲師匠の口座で大イビキをかいて寝こけてしまったもんで、与太郎は危うく破門されかかります。それでも必死に懇願し熱意が伝わったのか、彼は師匠と3つ約束をすることに。3つのうちの1つが「落語の生き延びる道を作る」こと。それができない時は「諸共心中」だそうで。

落語と心中する覚悟ってスゴい。

そこから八雲師匠と助六の過去語りが始まるわけです。師匠の若い頃の名が菊比古っていうんですが、菊ちゃんがイケメン。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作家買い

2016/07/21 00:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はいね - この投稿者のレビュー一覧を見る

みっつの約束に涙。菊比古から色っぽい。
芸者の家で育ったからなのかね~
表情や仕草がね~ほんとにね~いいよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

感想

2016/09/14 13:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もも - この投稿者のレビュー一覧を見る

助六再びへん楽しみです。
アニメでザッと流れを見たので、みよ吉を見る目が変わるなあ。
これからどんどん泥沼に…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/11 08:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/30 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/19 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/18 00:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/31 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

98 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。