サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 勉強法 AtoZ -効率的な学習方法から食事まで- ポイント5倍キャンペーン  ~4/27

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー71件

みんなの評価4.1

評価内訳

71 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

貧困の実態がわかる一冊

2017/09/06 03:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひー - この投稿者のレビュー一覧を見る

これまで国連を中心とした開発政策、MDGs においてサブサハランアフリカでは、他の地域よりも後れを取っていた。その原因は何か。そして、貧困は人間の経済活動をどのように変えるのかがわかる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考える視点

2020/04/19 09:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2019年、ノーベル経済学賞を受賞した3人のうちの2人の経済学者、開発経済学を専門とする著者達の本である。現場に入って地元目線で調査を行い、RCT等によってできるだけ科学的な検証を行い、行動経済学の知見も駆使しながら、個別具体的に詳細に検討していく。その上で発展途上国の人々が経済的になかなか浮揚していかない原因を探求し、その教訓と解決策を提案している。
 欧米諸国、いわゆる先進文明国の人間の目線では容易に理解できない教訓が5つ示されている。その一つとして、政治経済制度の問題があるといい、3つのIが普遍的に支障になっているという。3つとは、無知(ignorance)、イデオロギー(ideology)、惰性(inertia)である。3つの中でもイデオロギーは開発支援や援助に関する左右両翼からの主張であり、見解が大きく異なる。それらを批評するとともに、外部からの支援や援助を行っても功を奏しなかった理由について言及している。途上国の人々が決して何も考えてはいないのではなく、彼らなりの判断と決断で行動しているということである。詳細に分析することによって深い理解が進み、合点がいくことに繋がる。
 今日の所得と将来の所得の関係は、多くの人の考え方の基礎となっているような逆L字曲線ではなく、S字曲線で表されるとする。支援や援助が行われれば貧乏な状態から所得が必ずしも一様に上昇していくというわけでもなく、現地の人々を理解していない、不十分な援助や支援活動が却って、現在の所得をさらに減じてしまうことにもなる。この領域のことを貧困の罠ゾーンと定義し、ますます貧乏になってしまうというものだ。現在行われている支援や援助の大半が結果的にうまくいっていないことをよく説明してくれる。
 これからの支援方策は難しい課題だが、現地の人に寄り添う努力、様々な発想などが不可欠なのだろう。即効的なものではなく、根気のいる仕事だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

専門性を抜きに読んでみても面白い

2017/06/06 23:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サラーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

開発経済学に属する内容ですが、直感的に読んでも色々と考えさせられる本です。一概に貧しい地域といってもさまざま、発展を後押しするためにはなにが必要か考える内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

貧乏人の経済学 もういちど貧困問題を根っこから考える

2019/04/14 13:08

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:lakini - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんかやたら有名で人気な本だから。
一度は読んでみるか、と思って読んだ。何もよく知らずに(笑)。
はじめ、イースタリーとサックスの論調を比べる章から始まって、てっきり開発哲学的な話が展開されるのかと思ったら。違った(笑)。
援助懐疑論も、ビッグプッシュ論も、どちらもあり得るのだ、と。また、制度論(民主主義がどう、とか)云々も、大事だけれども、その中でもやっぱりうまくいくこといないことはあって、いい制度・政治の中でもワークしない政策はいくらでもある、と。
だからこそ、何がワークするかを細部まできちんと見つめて、よく検証のうえで、現実的な開発の仕組みを考えることが重要だ、と。
作者たちも、なんだ、この人たちだったか、と、本の途中で知って苦笑したが、そこで、RCTの話が出てくる。
でも、この本のよいところは、そういう実験論たけで終わらないところ。定量的な検証と定性的な検証は両面から攻めることが非常に重要とされるが、それをまさにやりこんで、その両者わ集めたら全体的にどんなことが言えるか?という一つのストーリーを、まさに定量的調査の旗振り役たちがやってのけたところに、意味があると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/11 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/17 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/08 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/14 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/11 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/30 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/23 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/04 08:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/21 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/15 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/27 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

71 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。