サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

hontoレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ほしい本の一覧を見る

人妻、洗います。 書き下ろし長編美熟エロス(双葉文庫)

人妻、洗います。 書き下ろし長編美熟エロス みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

体の交わりで心を洗い落とす人妻達

2013/08/30 04:38

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトル見て:人妻を洗うって何だろう?
手にした直後:クリーニング屋ケンちゃんのノリ?
読み終えた時:洗うとはそういうことだったか~。

意味深長なタイトルが目を引く。ある変わったクリーニング屋へ就職する(実家もクリーニング屋で)職業意識の高い主人公が、いろいろなお宅を訪問しては人妻の心の奥底に沈殿している澱のような感情を浄化していくお話。それは遠慮だったりコンプレックスだったりと、女性としては共感でき、男としては庇護したくなるような、ある種の乙女心に近いものでもある。ヤッってることは浮気なのだが、それぞれの人妻が多様に見せる何とも言えない可愛らしさのために、背徳感よりもむしろ清々しいような空気感がある。そして、これには淡々としていながらナイスな脳内ツッコミを随所でかます主人公の飄々としたキャラにも因るであろう。巧みな段落の組み方と主人公の面白味のある独白が笑いを誘う。ストーリー展開も上質であり、読み物として面白い作品でもある。

そして、これら「洗濯」の軸となっているのが、このクリーニング屋の女社長である人妻メインヒロインとの許されぬ恋物語と言えよう。一目惚れする主人公に対して女社長もどうやら一目惚れしていたっぽいのだが、直接的な描写はなく、どちらかと言うと「察して」という感じである。サブヒロインの人妻宅からの帰りをやきもきしたりして実は一番可愛らしいのだが、夫に不満があるようなところも明確には示されていないため、主人公に向かうメインヒロインの想いがイマイチわかりにくい。まぁ、これは鈍感な主人公と同様に読み手としても「それくらいのことは察しなさい」といったところか。

官能面においても秀逸なのが本作の良いところ。ただ単に人妻宅を情交巡回するだけに留まらない捻りがとりわけ後半から加えられており、序盤で塗した伏線が終盤で劇的な形で回収されつつ過去を邂逅するような切ない交わりが盛り込まれていたりもする。大人の女性らしい奥ゆかしさと大胆な一面が同居する人妻らしい誘惑と情交が多彩に描かれながら、多少のすれ違いを乗り越えていく2人の物語にもなっている……その結果は不倫関係の成立ではあるのだが……しかし何故か不思議と読後の心地が良い作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/02 07:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示