サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

3・11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ(岩波ジュニア新書)

3・11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

3.11から何を読み取るか。それでも福島に住み続ける著者からのメッセージ。

2012/05/29 08:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジュニア新書には一般書としても充分読み応えのあるものが結構多いが、本書もその一冊。若者向けに少しわかりやすくは書かれているが、内容は充分に重たいし、コンパクトにまとめられていて読みやすい。重たい内容に意気消沈しないように、との著者の心配りがいたるところに感じられる。

 かつて神奈川で仕事をしていた著者は、中越に移住して中越地震に会った。再建を期してさらに福島に居を移したのだがそこは原発から25kmという地点。3.11の地震では被害はそれほどでもなく、しかしよく状況がわからないままに原発の不安の中に置かれて「避難か残るか」の選択を迫られた、そういう人たちの一人である。
 直後の混乱、一ヶ月もたってからの避難勧告、散り散りになっていく住民。3.11以後も多くの辛い事象は少なくない。著者自身の周辺だけでもこれなのだから、津波の被害なども加えたらもっと多くの問題があるだろう。損害補償に頼るほうが収入が多いという現実に勤労意欲が失われているケースなどはいったいどう考えたらいいのだろうか。自分ならどうするか、どんな生き方をしたいのか、考えさせられるところである。

 原発から20km圏内は警戒区域指定。といってもぴんとこないかもしれないが、東京の品川(火力発電所がある)から20kmなら松戸・船橋・三鷹あたり、という地図を使った説明などはよくわかる。自分の近くの発電所から測って見るといいだろう。「ジャムパン政策」という「国策」の問題点の説明はなかなか面白かった。

 原発、ひいてはエネルギー問題として著者がまとめた問題点も明解である。文系の著者が物理学の一般書を読んでこれだけ理解できるのだから、われわれも理解する努力をしなくてはいけないだろう。そこからでてくる「再生可能エネルギーという言葉は根本的に間違っている」という著者の言葉は「わが意を得た」発言であった。
 著者の考えは極端だ、と思われる部分もあるかもしれない。それでよいのだと思う。どれが正しいのか、誰にでも正しいと思われる選択肢がまだあるわけではないものを前にしたときどうするか、のこころがまえを著者は示したかったのだと思う。

 誰でもが自分の良いと思った生活を選ぶこと。そのために多様な価値観を認めること。著者は「古いカメラしかもっていなくても、撮りたいと思う被写体が沢山あるほうが幸せ、と私は思う。 P214」と書く。どちらかと言えば私もその意見に賛成だが、新しいカメラを持つことが幸せ、と思う人もいていいだろう、迷惑を及ぼさない限り。
 自分の問題として3.11に現れた現実をこれからの人生にいかすこと。それでも福島に住み続ける著者からのメッセージである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/27 11:23

投稿元:ブクログ

「勝ち犬・負け犬じゃない、狛犬だぜ!」(We183号)の話を聞いた槙さんから、僕の師匠ですと、たくきよしみつさんの『狛犬かがみ』の本をもらった。それを、はぐはぐと読み、福島の石工、寅吉や和平、かっけー!と思っていたところ、たくきさんの「狛犬ネット」にたどりついて、利平・寅吉・和平の3代が彫った狛犬と、その生涯をまとめた『神の鑿』を購入。

送られてきた本には、たくきさんの著作やCDの一覧が入っていて、大人にこそ読んでほしいと書かれていた岩波ジュニア新書を図書館で借りてくる(立ち読み版)。

福島第一原発から20~30キロ圏になる川内村に住んでいたたくきさんが、3・11の地震と続く原発事故を、福島の中から、つつみ隠さず書いている。自分よりも、これから長く生きていく若い人たちに、一緒に考えてほしいと。

「「想定外」という嘘」「見捨てられた人たち・見捨てた人たち」「徹底して隠された汚染の事実」「川内村全村避難劇の裏側」など、あの日何が起きたのか、というところから、たくきさんは書きおこし、壊されたコミュニティ、放射能よりも怖いもの、エネルギー問題の嘘と真実、といった章を連ねて、3・11後の日本を生きるという終章へと、たくきさんが目にしたこと、耳にしたこと、調べぬき、考えぬいたことが綴られている。

たくきさんの書く内容は、3/31の「逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者」の上映会と講演会で見聞きした話とも重なるところがあった。伝えられていないこと、知らなければ、なかったことになるかもしれないことが、たくさんある。

たくきさんは、あとがきにこう記している。
▼問題があまりにも深く、複雑なため、一度読んだくらいでは理解できないと思います。もやもやが残ったり、これはおかしいんじゃないかと反発を感じたりした部分もたくさんあるかもしれません。
 そうした疑問を感じることが大切なのです。すこしでも納得できない、わからないと感じたことは、テーマ別にとことん自分でも調べ、考えぬいてください。(p.224)

そして、重要なこととして、二つ、「人生において、すっきりとこちらが正解だと決断ができる場面は少ないということ」、「「目的」と「手段」を混同するな、ということ」を挙げている。

▼ようするに、電気は何かを使うための「手段」にすぎず、電気だけで何かをつくりだすことはできないのです。石油はエネルギー源であると同時に、現代文明を支えている重要な材料資源でもあります。石油が枯渇した世界では、いくら電気だけあっても今の文明は成立しませんし、そもそも発電装置や送電網などがつくれないので、風力発電、太陽光発電という技術も使えなくなります。(p.176)

▼政治・行政が税金を使うことは、幸福になるための手段であって、目的ではありません。
 ところが、いつしか、より多くのお金を使うことが幸福なことだと勘ちがいしてしまうのです。そのまちがった政治・行政でもうかる一部の人たちがいて、その人たちが、人びとをそういう考え方に導いていることが問題です。(pp.214-215)

そんな「もう���る」方向に、「森の除染はもうかる」があったりする。補償金や賠償金の線引きの具合で、いらぬ対立や軋轢がうみだされもしている。お金がいかにコミュニティをゆがめ、不健全なものにしてしまったかという、読んでいて気の滅入るような話のなかで、郵便や宅配便の仕事が事故後のはやい時期に復活したというくだりは、心にのこった。

▼事故後一ヶ月少々で、川内村では郵便とヤマト運輸(クロネコ)が復活しました。そのおかげで私も仕事がつづけられたのですが、郵便局員やクロネコの配達員のうち何人かは、いわき市や富岡町の海沿いに住んでいて、津波で家を流されていました。それでも、人のいなくなった川内村に、毎日山を越えて郵便物や荷物を運んできてくれたのです。
 彼らは自分たちの仕事の公益性を十分に承知していて、仕事をすることがとうぜんとおもい、誇りももっていました。仕事というのは、本来そういうものだと私は思います。
 彼らがけんめいに働く姿は、福島の再生に向けての希望でした。(p.87)

こういう風に仕事をみているたくきさん自身は、「自由な人生の終わりを意味すると思ったから」(p.203)と、学生のときに就職することを考えなかったそうだ。組織の最下部に入り、上司の命令に従ってその組織がもうけるために毎日過ごすなんてことは、とうてい受け入れがたいと思っていたという思いは、今も変わらないという。

そんなたくきさんは、企業の安定性とか生涯賃金とか、そんなことで、この先何十年もの人生を決めていいのか?と問いかける。それは「おもしろい人生」なのかと、「生きがいのある人生」なのかと、問いかける。

その問いは、原発をどうするのか、汚染されてしまった世界でどう生きるのか、どんな社会をつくっていくのか、という問いかけにもつながっている。

「自分に嘘をつかず、直面した問題から安易に逃げず、精一杯考えて、その状況の中で最善だと思う生き方を貫くこと」(p.226)、それしかないのだというメッセージが、強く強く響く。

(4/8了)

2012/06/13 16:25

投稿元:ブクログ

今、政府はなしくずしに、原発の再稼動を進めている。
どうして、がむしゃらに突っ走るのか。
その答えがここに書いてある。

野田首相のいう
「責任」が、
誰に対する責任なのか、
彼のいう「国民のため」が
どういうことなのか、
はっきりする。

たくさんの人に読んでほしい。
たくさんの人に気づいてほしい。

2012/07/27 23:28

投稿元:ブクログ

地震列島・原発列島に住む私たちは、これからどんな生き方をしていけばいいのか?どんな社会をつくっていけばいいのか?福島第一原発南西の川内村で、3・11の大地震とつづく原発事故を体験した著者は、東電・政府・自治体や住民の動きを目を凝らして見てきた。その見たもの・聞いたこと・考えたこと。

2012/10/26 21:28

投稿元:ブクログ

岩波ジュニア新書だが、大人向けでもある。平易な表現でバイアスなく記載されているので、疲れない。第6章「エネルギー問題の虚と実」が一番しっくりきた。

2012/10/12 19:41

投稿元:ブクログ

あの地震の後の福イチ原発のこと、そこから綻び漏れた「嘘」と「真実」 ジュニア文庫だけあって、わかりやすい。 
苦しくてつらいけれど、自分で考えて決める未来であって欲しいと著者は言っているような気がする。
こういう本がきちんと発行されて、きちんと読める。そしてそのことをきちんと議論できる。そんな世の中であって欲しい。

2014/02/21 11:06

投稿元:ブクログ

2014.2.21
たくき よしみつ
7章は感情的。白黒分けれるものは少ないという事例に使えるかも。

7 件中 1 件~ 7 件を表示