サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

hontoレビュー

月の影影の海 下(新潮文庫)

月の影影の海 下 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー237件

みんなの評価4.7

評価内訳

237 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

深いSF

2019/11/09 18:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんな本がずっと昔から有ったなんて 中国三国志のような登場人物の名前や土地の名前から嫌煙していたのが、読み始めると、もう離れられない SFであり、歴史物のようであり、心に沁みる叙情豊かな物語であり、戦闘物であり、どんな年齢の人でも初めの名前の難しささえ越えたら、やめられない

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陽子覚醒!

2019/11/09 15:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

陰惨な前半を乗り越えて、
心も体も鍛えられた陽子だからこそ与えられた
恩寵のような出会いがここに。
これからも大変な道なのでしょうが、
道を切り開くすべを知った陽子の
行く末がとても楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ようこそ、もふもふ天国へ!

2019/10/04 11:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく辛く苦しい上巻を読み進められた皆様、
下巻は”天国”と呼びたいぐらい、急展開をみせます。

それもこれも、理不尽な環境下に置かれ、追い打ちをかける差別や困難な状況にありながらも、
自分とは何者か?を陽子が投げ出さず自問し続けた成果・・・

同じように、半獣の楽俊もまた、自身の在り方を問い続けていたからこそ、長い旅の道連れとなり得たのでしょう・・・

ところで、ネズミ楽俊ぬいぐるみの発売日はいつですか?(真顔)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

引き続き陽子とともに振り回されましょう。

2019/01/25 22:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あき - この投稿者のレビュー一覧を見る

許す、と仰い
と言われて意味もわからず「ゆるす」と口にして始まった陽子の物語の下巻。ひたすら異なる価値観に振り回されまくったので、陽子の身も心も荒れて、トゲトゲでしたが、それも楽俊に出会い、少しずつ自分でも選び歩き出すようになります。陽子の強さが生まれていくところを見ることができる下巻です。
再会したケイキが驚くのも無理はないですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽俊

2017/09/27 18:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「私を異界へ喚んだのは、誰!?」上巻で過酷なサバイバルを強いられて、誰も信じてはいけない、頼りになるのは自分のみと言う心境に陥った陽子が、初めて信頼出来る仲間と出会ったのが半獣の楽俊。その後は怒涛の展開で、「王」を詐称した勢力を征伐して、監禁されていた自分の臣下と再会。ラストの陽子は慶王とて迎えられるときの達成感はよかった。卵から人が生まれる設定にはびっくりしたな

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良き出会い

2017/05/17 20:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

異世界に流れ着き身も心もボロボロになった陽子に訪れた出会いに一読者として感謝したい気持ち。あの時 陽子と彼が出会わなかったら その後の豊かな物語は無かったのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

陽子の出生の秘密が明らかに!

2016/02/08 18:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雪風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

再び動き出した十二国記、再読です!やっぱり面白いよなぁ。もともとはライトノベルとして出版されたシリーズですが、本作では人を信じることとは?人生の意義とは?運命を受け入れるには?生き方をいかに選択するか?といった様々なテーマが織りなす読みごたえのある仕上がりになっています。
妖獣に追われながら、当てのない逃避行を続ける陽子にも、信じるに足る同行者が現れ、雁国に向かいます。そして明らかになっていく陽子の運命。彼女にはとても受け入れられない運命ですが、運命を拒否し役目を投げ出せば、多くの民が困窮に瀕します。物語は大転回を迎えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やはりJK

2016/01/20 21:15

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

異形の獣を相手にする陽子達の闘いぶりが描かれる。さらには、なぜ、そんな運命を背負わされたかも分かってくるし、笑わせる部分も盛り込まれているのだが、だからーとなると、これ以上読み進む気にはならなかった。年寄り向きではないのかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/08 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/23 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/05 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/17 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/28 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/28 16:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/03 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

237 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。