サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

子どもたちを見守る大人がちゃんと「大人」なのが素敵

2015/08/31 22:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うおざ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2011年の講談社児童文学新人賞佳作受賞作だそうです。
とっても良かった!
主人公小学校4年生です。
女子なら2年から読めると思います。
学校図書館におすすめです!

「夜明けの落語」みうらかれん著 講談社

主人公の暁音(あきね)ちゃんは小4。
人前でしゃべるのが苦手だ。
授業中に発表するのなんて、とんでもない。
クラスの友達にも、ちゃんと言葉を伝えられない。

それなのに、4年生になって
日直は一週間の仕事の最後に、5分間スピーチをすることになった。
5分もみんなの前でしゃべるなんて、できないよ~!と
悩んでいた暁音ちゃん。
隣の席の日直の相棒の三島くんが、
「おれがなんとかしたる」(←三島くんは関西からの転校生で、大阪弁)
と言ってくれ、当日は暁音ちゃんの時間も使って
みんなの前で落語の「まんじゅうこわい」を演じた。

こうして、「落語」と出会った暁音ちゃんが、
三島くんのおじいちゃんと出会ったり、
三島くんの「弟子」になったり、
仲良しの初音ちゃんと喧嘩したり、
いろいろなことを乗り越えて、成長していくお話。

暁音ちゃんの年の離れたお姉ちゃんや、
三島くんのおじいちゃん、
担任のクマ先生など、
子どもたちを見守る大人がちゃんと「大人」なのが素敵。

大学生のお姉ちゃんは、大学生なりに、
おじいちゃんは、おじいちゃんなりに、
クマ先生は、先生として、
それぞれの年齢と立場と人柄をふまえての、子どもへのまなざしが温かい。

そんな「愛情」に見守られて、
子どもたちはもがきながら、ちゃんと自分の力で乗り越えていく。

そうだよね。
「誰か」と同じようにできなくていいんだ。
「自分」のペースで、「自分」のやり方で、やっていいんだよ。


・・・て、自分の子どもに言ってやれる親でありたいですね。。。(^-^;)

それはともかく、
小学校中学年におすすめです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/23 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/22 04:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/24 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/24 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/12 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/08 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/15 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/07 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/03 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/10 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

11 件中 1 件~ 11 件を表示