サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

デビュー作から不条理日記まで

2016/08/25 02:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あずきとぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「吾妻ひでおベストセレクション」シリーズの第3弾。
選者は、マンガ家とり・みきである。
最近の若い人にとって、吾妻ひでお作品といえば「失踪日記」ではないかと思うが、マンガに少しでも詳しいちょっと年齢のいった人であれば、まず筆頭に挙げられるのは「不条理日記」であろう。
78年に発表された同作は、数々のSFパロディをギャグにしたわずか8ページの掌編であったが、当時これほどまでにSF作品のパロディネタを詰め込んだ作品はなく、SFとマンガを愛好する人たちに猛烈に受け、翌年に星雲賞コミック部門を受賞した。
この作品によって、吾妻ひでおは俄然注目されるようになったといえる。
この選集には、70年の初連載作「二日酔いダンディー」から「不条理日記」までの、少年・少女誌に連載された作品16作が収められた。
何といっても、とり・みきによる巻末の「全作品解説」(全14ページ!)がすばらしい。
彼自身、「吾妻さんのせいで僕は漫画家になった」というほどの熱烈な吾妻ファンだが、当時一般読者の一人であった視点と現在のプロのマンガ家としての視点の両面から作品のポイントが語られている。
作品は、雑誌掲載順に収録されており、その変遷が解説文で指摘され、正に吾妻マンガ史の一端を説かれているかのようである。
そう、これはとり・みきによる「吾妻作品論」の一研究発表なのだ。
巻末には、とり・みきの解説を受けて、吾妻ひでお自身による「あとがき」も収録されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1979年星雲賞受賞作

2017/05/15 05:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

「不条理日記」を読むことができるのはうれしい限りだ。国内外のSF作家たちへの敬愛が感じられて良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/10/16 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/01 07:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示