サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー160件

みんなの評価4.5

評価内訳

160 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

匂い

2015/08/14 11:14

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はろーはろー - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔懐かしい匂いがする。自分が若かったころ感じた匂いだ。
昔はこの漫画で描かれているように熱い気持ちで真剣に物事に取り組んでいた。
あの気持ちが薄れていったのはいつからだったろう。
もう想い出せない。
この漫画を読むとあの頃の自分に戻りたくなる。
二度と戻れないあの頃に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動作品

2014/07/05 09:15

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HANPTY - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の実話ですが、超感動作品です。ぜひ、みなさま読んでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

恩師

2018/09/21 10:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者が恩師のことをとても大切に思っていることをひしひしと感じます。あの頃は分からなかったけど、今ならわかる。そんな思いに溢れた作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

忘れえぬ受験期の日々

2017/06/22 04:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

1巻から3巻までをまとめて購入、一気読み。
“自伝マンガ”ということで・・・高校時期からスタート。 美術系の大学を受験するために友人の紹介で絵画教室に通い始め、そこで生涯の恩師に出会って・・・の無茶苦茶な日々の記録と、現在から見た過去への悔恨。

私は『ひまわり!』でこの人の作品に初めて触れたので(しかも実家に帰ったときに妹が買っていた『週刊モーニング』で途中から)、「あぁ、『ひまわり!』はもう一度やり直したい自分の過去が入っていたのか・・・」とちょっと納得(あまりにオタク色が強すぎて読み始めはうまく乗れなかったのだが、それでも最後まで読んで「おーっ」と思えるようになったのは画力が確かだったからだろう)。
今は増えてきたけど、確かにかつては「国公立の大学じゃないとダメ!」な人たちで美術系志望の人って選択肢が狭かったよな・・・と友人のことを思い出しました(実技試験の大変さとか、自分は話を聞くだけだったが)。 それだけに、1巻の誤植は致命的・・・(これじゃその次の説明の意味が通らないよ。 大概の人は間違いに気づくでしょうけど、なのにそれに気づかない編集者&校正の人って・・・)。
とりあえず、絵画教室の先生、すごすぎる!

“画家”と“イラストレーター”と“マンガ家”の違い。
勿論、一流の人は垣根を軽々と越えてしまうのだが・・・、最初はどこに軸足を置くかの選択が、難しい。
『ママはテンパリスト』でブレイクしてしまったことが屈辱、みたいな描写には「ストーリーマンガで勝負したい」という矜持がうかがえるのですが、“自分大好き”・“肥大した自意識”の持ち主は自分の身の回りの出来事をベースに描いた方がうける(売れる)傾向があるので・・・そのあたりの割り切り方は大変じゃないかな、と感じてみたり。
この続きが来月出るので、あまり待たなくてすんでラッキー!(2014年6月読了)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

少し共感しながら楽しんだ

2017/02/07 13:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サト - この投稿者のレビュー一覧を見る

実は私も物心ついた時からマンガ描いてました。得意だったのはドラえもん、ラムちゃん。ノートにさらっと書いては友達に絶賛され「こりゃ将来は売れっ子漫画家だわ!」と、使った自由帳は数え切れず。
中学~高校と美術部でさ。デッサンの話とかちょっと懐かしかったりした。
そして某マンガ雑誌の「新人漫画賞」これに応募する、しない、が、最初の分かれ道よね。将来のね。
作者の自叙伝は、ある意味羨ましい気持ちで読んだ。
絵の先生がまた素敵だ。出会ったこと、可愛がってもらえることに感謝したくなる人間。そんな人を私も知っている。
怒ったら怖い。その怒ってる理由がなんだか理不尽な時もあったりする。でもいざという時は自分のことより相手の事を一生懸命考えてくれる。
これは作者が世にも珍しい人生を歩んできたっていう話じゃないと思う。まぁ漫画家は才能がなきゃ出来ない仕事だけど。
ここから何を得るか。何かを得ようと思って読むなら若い人にオススメなのかな!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

びっくりした

2017/01/23 17:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなきち - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごい衝撃をうけてしまった。
あんな先生のもとで、修行を受けてたら、人生観変わるし、
よく頑張ったと思います。きっと今の作品にも生かされているのでしょうね。
センター試験って、問題読まなくても受かるとか、すごいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ただ描き続けるだけ ひたすらずっと

2017/01/17 22:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

東村アキコさんによる、絵の先生とのかけがえのない時間を
つづった作品です。2015年マンガ大賞受賞作なのですね。
心にずしんと響く作品でした。

初読の漫画家さんです。少女漫画系の方だとは思うの
ですが、この作品は俗にいう少女漫画とは全く異なります。
のだめカンタービレを連想してもらえば近いと思います。
あちらはギャグ要素も強いですが、少女漫画らしくない
良さが光っています。この漫画も同じです。

最近、こういったジャンル分けのしにくい広がりを持った
漫画を見かけますね。作者はぶ~けという文学的
少女漫画雑誌を愛読していたそうで、その影響が
あるのでしょう。
あまり漫画を読まない方でも、物語好きであればきっと
心に届きます。お薦めです。

東村アキコさんの高校時代から話は始まります。
小さいころから漫画が大好きで、遊びでいろいろ描いて
いたようです。高校では美術部に入り、将来の目標は
漫画家になることで、そのために美大にでも入っときますか
的な、典型的なばか者です。
裏表のない、あっけらかんとした描写がいいんですよ。
脚色をしないように心がけたとのことで、こっぱずかしい
若気の至りもばばーんと描いてあります。

美術部には、もう一人美大を目指す仲間がいて、その子
からの口コミである絵画教室に顔を出します。
そこで出会った人こそ、運命の師、日岡先生(作中では
日高先生)です。
なお、登場人物名には多少のアレンジが入っていますが、
エピソードはほぼ実話のようです。

持ってこいと言われたデッサンを絵画教室で並べるアキコ。
怖そうな先生と、不気味な静寂に包まれるアトリエ。
みんな怒られてばっかり、可哀想だけどよく描けたのばかりを
持ってきてよかったとアキコは内心で胸をなでおろしていたの
ですが。

> バン、バン、バーン。
> ハイ、全然ヘタクソで──────す

竹刀でボコボコにぶっ叩かれ、ぶち切れの日岡先生の怒声が
教室に響き渡ります。

> 「お前 今何年か──────」
> 「3年てお前 今年受験やないか──────」
> 「お前これじゃ どこも受からんで──────ッ
> 美大行くつもりなんかコレで──────ッ」

怒声を張り上げ、女生徒でも遠慮なく竹刀で叩く先生。
あり得ません。

> 「よし お前今日9時までデッサンして行け」
> 「よし お前これ描けッ」

描きたいものが見つからない。
モチーフから想像が湧かない。
新たな発想が生まれない。

そんなたわ言を、日岡先生はすべてぶっ叩きます。
それは逃げなのです。絵と向き合うことに必要なのはただ一つ
なのです。

描け。見たまんま描け。

それしかないんですね。
絵画教室に通うおじいちゃんが、ひたすらティッシュ箱を描か
されているくだりがあります。基礎をしっかりすれば必ず良くなる、
先生の信念を感じます。

わたしもちょっと前から絵を習い始めましたが、あまりの衝撃に
頭の中がすべてリセットされました。ちょっとおだてられてちやほや
されているうちは全然ダメなんです。これは絵に限らず、すべてに
当てはまることと思います。
血を吐くように、一歩一歩積み重ねることこそが、最善にして
最短の道程であることを見せつけられました。
わたしなんか、本当はティッシュ箱を描いていなきゃいかんレベルです。

最後は泣きそうになります。まれにみる傑作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごく感動しました

2016/02/28 06:01

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つぃむぉ - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵を学んでいる人もそうでない人も主人公の気持ちになって読み進められてとても面白かったです。続きが気になって仕方がないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

先生!

2015/11/27 19:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろさこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最高でした。次が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マンガ大賞

2015/11/18 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kanako - この投稿者のレビュー一覧を見る

気になっていてやっと。やはり面白い。一気読みです。なんとも怖い先生だけど、いい経験をされてきたのだなと羨ましいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

泣けた

2015/11/15 22:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kobamiha - この投稿者のレビュー一覧を見る

かくかくしかじか、全巻読破しました。
読ませ方がうまいのでどんどん読み進めてしまう。

自分が子供だったと共感するところもあったり。最後は悔しいけど泣いちゃいました。東村アキコの作風は正直好きな方ではないのですが、これは読んでもいいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

笑いあり感動あり

2015/10/07 08:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ののっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほんわか宮崎出身の東村さん。絵を描くということで楽しみを見つけたり,描くことでいろいろなことに苦戦したり。濃いキャラの先生のやりとりに笑いあり感動あり。
子供達も一緒に読んで楽しんでます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

他も読みたい!

2015/09/30 08:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mananan - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHK「浦沢直樹の漫勉」を観て東村アキコさんに興味を持って買ってみました。そういえば、知人の男性も「東村アキコは男でも面白いと思える少女漫画!」と評価してたなぁ、と。
かなり好みでした。30代になった今なら分かる、10代のアホな自分。あの時、なぜ頑張らなかった私、的な。
格好つけずに素直に描かれていて、だってあなたは才能あるからでしょ?と読者が安易に言えなくなる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

買い直しました

2015/09/10 10:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヴァレンティーノロッシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前から書店でも評価が高く、興味はありましたが著者の作品は読んだこともありませんでした。
たまたま読む機会ができたのですが引き込まれて即一気買いしてしまいました。
内容は他の方のレビューにお任せしますが、巻数も多くありませんので手に取って見る価値は充分あります。
こういう作品は漫画というジャンルだけではなく、ストーリー性がすごく高いから原作としてもっと評価されるべきだし、いずれそうなっていくでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

止まらない!

2015/08/24 22:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アポロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者と同じく美大を志した経験があるからかもしれませんが、とにかく読み始めたら止まらない。
主人公の等身大の言葉だからこそ、どんどん引き込まれていくのかもしれません。
一気読みしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

160 件中 1 件~ 15 件を表示