サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

ドリーマーズ(講談社文庫)

ドリーマーズ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

カンサイジンの恋愛

2013/02/23 21:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソレイケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題作ほか全6編の短篇は、「夢」というのを共通項として持っている。
 夢を夢と思わずに見て、眼が覚めた後夢だと気づくけれど、どこかその夢に現実が干渉されている感じ、とでも言おうか。いずれにしても柴崎らしく、何がどうということもなく、まあほぼ何事も起こらぬままに物語は終わるというパターンである。日常の微細な心の揺れのようなものを掬うというスタイルがこの人の持ち味だと思うのだが、本書でもそれは変わらないというところ。
 柴崎の小説の登場人物たちは、柴崎自信が大阪出身ということもあってか、ほとんどの場合関西弁を話す。ワタシはずっと箱根よりこっち(東)で生活してきたので、関西の方というのは、どこか異邦人というか、はっきり言えば「カンサイジン」という別の生き物のように感じているところがあって、いや、まあ頭ではそう変わらないということは分かっているのだが、とにかくこういう小説を読むと、「へ~、『カンサイジン』も恋愛とかするんだ~」と失敬極まりない感懐を抱いてしまったりすると正直に告白しておこう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/18 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/13 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/11 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/30 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/07 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/22 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/17 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/11 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/20 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/03 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

11 件中 1 件~ 11 件を表示