サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

hontoレビュー

ある男

ある男 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.4

評価内訳

25 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

明治維新とはなんであったのか?近代化の光が映し出す影絵の物語

2013/01/08 13:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん  - この投稿者のレビュー一覧を見る

分厚い農民層からなる社会を支配する核としての機構は「藩」であった。一般の人々からみれば一番えらいのはお殿様、一国一城の主であって、徳川家の将軍は眼前になかった。日本国などという概念はなかった。すなわち藩主が生活の全てを統治していたのだ。ところがある日、薩長の食いつめものたちが新政府をつくり、おらがの殿さまを排除し地元の実情など全く知らない中央政府が統治にすることになった。困った困ったと………何が困ったかは具体的にはこの7編からなる短編が語るのだが、藩中心の分権体制から中央集権体制へと統治機構が変った明治初期。しかも「広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ」はどこへやら、生活基盤を強奪される大衆の混乱振りを、冷酷に、だが哀しく描いた力作揃いである。

江戸時代から明治時代に入った年は1868年である。わたしなどはうっかりするとここを境目に日本は近代国家になったと錯覚するのだが、そんなことではなかったと、この物語はじっくりと語ってくれます。単に慶応から明治へと元号が変っただけであとはなにも変らないと受けとめたものの、やがて居心地が悪くなるだけだと気がつくのが、この物語の登場人物たちです。しかもそれぞれがシンボリックな変革局面に立ち会っているのです。7篇とも物語の進行役には名前がつけられていません。重要な歴史事象に歴史上無名の人物がなんらかの痕跡を残したかもしれないという体裁をとっています。

シンボリックな歴史事象のつまみ出し方が実に巧妙である。史実を丹念に検証したものでなければこういう叙述はできないものだ。わたしは松本清張の初期の秀作短編を思い浮かべた。さらに言えば明治史のおさらいをしながら読むことになった。実在の人物が多数登場し、通説にある行動をとるのであるが、彼らと接点をもつ「ある男」を含め著者が創った人々が見事にこの枠組みでいきいきと動いている。時代小説のようだが、はるかに史実に重みを持たせている。歴史小説にみえて、はるかに人物がクリエイティブなのだ。
どこまでが史実でどこからが創作なのか、じっくりと理解したくなるから、通説を一通りあたってみる手間は惜しまなかった。
第一話 「蝉」 (背景:尾去沢疑獄事件)
第二話 食違坂 (背景:征韓論 不平士族 警察機構)
とにかく明治の歴史をよく知らないんだと痛感します。
第三話 一両札 (背景:奥羽越列藩同盟 反政府活動 雲井竜雄)
第四話 女の面 (背景:藩政改革 藩治職制 版籍奉還 梅村騒動)
第五話 猿芝居 (背景:条約改正と反対運動 ノルマントン号事件)
第六話 道理 (背景:会津藩の矜持 自由民権運動 三島事件)
第七話 「フレーヘードル」 (自由民権運動 国会開設請願運動 明治14年の政変 私擬憲法)

7篇とも濃密である。それぞれが一個の長編小説に仕上げることもできただろうに。珠玉の短編集である。

急激な時の流れがある。その流れに気がつかないものがいる。流れを遡上しようとするもの、そこに止まろうとする者がいる。流れに乗り遅れまいとする、あるいはうまく乗りこなすものがいる。流れをつくるもの、流れを変える者がいる。明治初期を背景に7篇に描かれたこれら群像はそれぞれがみな痛ましい。そして読者はこれが明治初期に特有の群像ではなさそうだ、現代を生きるわたしたちも同じ哀しさの境遇にある………と気づかされるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/30 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/15 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/22 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/01 17:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/23 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/04 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/16 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/21 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/27 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/24 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/05 21:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/30 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/11 08:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/16 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

25 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。