サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー86件

みんなの評価4.3

評価内訳

86 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

携帯で読むには少し文字が見えづらいです

2018/08/24 21:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

お話は文句なしに面白いです。若かりし八雲師匠かっこかわいい...
ただ、文字が携帯で読むには小さいので、(見えることは見えますが)iPadやパソコンで読む方がよろしいかと思われます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

真打ち登場と相成ります

2017/03/26 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

「八雲と助六篇」の3,4,5が収められている第3巻と相成ります。
太平洋戦争後、平和となった日本で、落語も往時の盛り上がりを取り戻しつつあるところ、長く二つ目だった菊比古と助六が真打ちになるあたりが描かれています。
助六の落語を身近で見ながら、自分は落語に向いていないのではないかと悩む菊比古が、鹿芝居をきっかけにして客とのやりとり、客の反応のありようを知り、さらに落語に精進していくところがなんともいえず、このまま2人はどうなっていくのか、そしてどうやって与太郎たちのところへ繋がっていくのかなんてことをついつい考えてしまいます。
このマンガ、やっぱ、面白いわ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

保守か、変革か

2017/03/03 08:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

世の中が変わり、落語の人気にも陰りが見えはじめる時。変革を目指して新しいことに挑戦する助六。保守的な考えから抜け出せない師匠たち。助六のもどかしい気持ちに共感。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

有楽亭八雲の名が結ぶ縁と怨

2015/09/29 16:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦争が終わり、ようやく落語に専念できる時代が来た。有楽亭助六は汚い身なりで女癖が悪いために落語界の長老からは眉をひそめられるものの、何よりも芸に華があり、客からの人気は上々だ。一方、同じ二ツ目であり、後の八代目有楽亭八雲である菊比古は、助六と比べて華がないことに悩み、自らの芸の道を確立できずに悩んでいた。
 そんなとき、前座、二ツ目を寄せ集めた鹿芝居で、菊比古は弁天小僧菊之助を演じることになる。後の小夏の母であるみよ吉に化粧をしてもらい、見目麗しくはなったものの緊張する菊比古に対し、助六は魔法をかける。そこから現在の八雲へつながる道が始まったのだ。

 だがそれは一方で、三人の関係を変えていく一歩ともなった。そしてついに至る怨念が形をとって現在まで続く。

 華はありながら鼻つまみ者の助六に対し、長老の覚えめでたい優等生の菊比古という対比。その枠組みからはみ出したいという羨望と、自らの天稟の限界を悟る挫折。祝福されない恋心と落語の天秤。それぞれは別々の出来事ではあるが、たまたま近くに寄り集まり、そして譲れない思い同士であるからこそ、誰も望まない形に落着して行くという悲劇がここにある。
 ただの名前でありながらただの名前でない有楽亭八雲が、戦後の若者たちを結びつけ、切り離していく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

菊比古と助六

2017/06/06 11:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

菊比古と助六、とうとう真打へと昇進。
しかし破天荒な助六と真面目に芸に打ち込む菊比古。
対照的な二人だけど、やはり華があるのは助六。
こればっかりはねぇ・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この危なっかしさ

2017/05/15 22:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

小夏の父親・助六の危なっかしさにハラハラさせられた。菊比古も生きるのが上手いタイプでは無いが 助六はそれ以上。このあたりが今後 全てを分けていくのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

作家買い

2016/07/21 00:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はいね - この投稿者のレビュー一覧を見る

萬月さんの幼少期写真!!!弁天小僧で覚醒~溢れる色気。みよ吉の「つれない人が好き」に共感。
そうなんだよね~無口で(私に)興味無いオーラな人に弱いんだよね~更に枯れてるとなおヨシ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時代と共に移り変わる落語の世界

2016/04/23 16:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うな - この投稿者のレビュー一覧を見る

落語の噺になぞらえてストーリーが描かれていて落語を聞きに行きたくなりました。菊さんと助六さんとの絆がどこか寂しくて時代の流れを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

昭和の雰囲気がいい!

2013/10/23 23:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

落語には全然興味がなかったのですが、作品を読んでいて聴いてみたいと思いました。古き良き時代の風情ある昭和の雰囲気のある落語漫画です。
落語に興味ない方も楽しめると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

感想

2017/02/28 15:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もも - この投稿者のレビュー一覧を見る

みよ吉と助六が同じ時期に転落してしまって、そのまま二人して泥沼に…
菊さんはちゃんとみよ吉のこと好きだったのになあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/30 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/23 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/09 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/10 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/09 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

86 件中 1 件~ 15 件を表示