サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

箱の中(講談社文庫)

箱の中 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー123件

みんなの評価4.3

評価内訳

123 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

疲れた…

2012/09/16 09:45

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケロンパ3世 - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々に本を読んで疲れたなと思った。
他人の人生を覗いて、追体験をしたかのようだ。
やる瀬ない。セツナイ。 でも、幸せなような気もする。

BLというジャンルに飽きて、その手の本を手に取ることはなくなったが、
木原さんのこの本の続きは講談社文庫が発行したら読むだろうと思う。
いや、是非読んでみたいと心の底から思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

文庫版のメリット

2016/05/08 23:57

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なす - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品はBLにおけるお約束の展開、萌え、非日常などエンタメ要素のみを求めておられる方には受け付けないかと思います。こうして一般書としても刊行されたことが示している通り、BLというジャンルで括るにはあまりに人間臭く、文学的で、お決まりのロマンティックさはありません。

私も当初、BLにはエンタメ性だけを求めていたため、予備知識なく初木原さん作品「熱砂と月のマジュヌーン」を読んで、ひたすら甘さが無く辛く重い展開ばかりだった為、ある意味トラウマとなり「苦手な作家さん」というイメージを持ってしまっていました。
しかし、この「箱の中」を読んでからは自分の認識の甘さに気付きました。木原さんはそんな定石の枠に留まらない作家さんなのだと。
本作品はBLという括りではなく、人間の心理、本質を描く中に同性愛があるというか、それを裏付けするために同性愛が必要という風に思いました。
文章力がなく形容できないのですが、読後は心の中を嵐が過ぎ去ったような感じで、しばらく呆然としました。
これほど心を持っていかれる作品は初めてで、本物の名作だと思いました。

さて、本作品はBLノベルス版とこの一般向けの講談社文庫版の2パターンで刊行されています。
私が感じたこの講談社文庫版を購入するメリット・デメリットについてまとめました。

メリット:
・ノベルス版「箱の中」「檻の外」の大部分が一冊にまとまっている
・三浦しをんさんの素晴らしい解説が読める
・挿絵がないのでイメージが邪魔されない、小説としてより硬く重い感じで読める
・文庫として外でも読みやすい

デメリット:
・ノベルス版収録話(後日話)が無い!!
・草間さかえさんの素敵な絵が無い

私はノベルス版の存在しかしらず、ネットで誤ってこちらの講談社文庫版を購入し、後から色々と違いを知りました。読了後はもちろん、「ノベルス版に後日談があるなんて…!!」と、今からノベルス版も購入しなければ、という状況になっております。ですので最後までしっかり見届けたい方は、三冊揃えないのでしたら是非ノベルス版を選択される方が良いと思います。ただ、こちらの文庫版もより小説らしく、重く凄みがあり、私は好きです。

この名作に出会えて良かったです。
今まで敬遠していた木原さん作品ですが、少し覚悟をもって、読んでいきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

整合性

2017/05/30 14:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スグル - この投稿者のレビュー一覧を見る

痛い。胸がどうしようもなく痛い。
こんなにはっきりと人間の赤黒くてべったりとした感情を表現したBLなんて読んだことない。
これはBLなんだろうか。もとがBLレーベルとはいえこんなに現代の文学として素晴らしい書物はないんじゃないか。
伏線が多すぎてどこを説明してもネタバレになってしまいそうで、興奮してるということを伝えることしかできない。
でも、人間は愛とか恋とか、そんな整合性の取れた感情だけで生きていられるのか?ただ言葉という枠に関係や自分をはめ込んで生きてるのではないか?と認識を改めさせられる本だということは言える。
何だこの本。何だこの高揚感。とにかく読んでくれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

BLの域を超えてます

2015/08/31 11:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

木原さんの本の中では、一番好きで、一番、感動を与えてくれた本です。
最初は、ぶっきらぼうに見えた喜多川に、堂野は、救われ、また、堂野によって、喜多川も、人間らしい感情を持つようになります。
後半では、物語が思わぬ展開になっていきますが、最後はハッピーエンドです。
ただ、読了後は、ぜひ、続編の「なつやすみ」を読んで欲しいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

前半はとても面白かったけれど

2017/09/06 15:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まきの - この投稿者のレビュー一覧を見る

後半になるにつれて、突っ込みどころがいくつかありました。
しかし、キャラクターがとても魅力的なので、そこまで気にはなりません。
すらすらと読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

木原さん初読みです

2015/09/27 21:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Hideki - この投稿者のレビュー一覧を見る

評価の高い作品なので読んでみました。予想外にサラッと読み終えました。
現実の問題に慄き感情的になるサブキャラ達とどこか現実味の薄い堂野と多喜川。現実の苦みと、おとぎ話のような恋愛、上手く絡めたお話だと思いました。
3編が纏めて収録されていますが、それぞれ違う味がありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/18 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/13 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/25 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/02 04:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/13 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/28 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/15 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/11 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/26 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

123 件中 1 件~ 15 件を表示