サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

hontoレビュー

池波正太郎を歩く(講談社文庫)

池波正太郎を歩く みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

池波作品が並んでいるので、横並びで比較する良い機会かもしれない

2012/11/04 21:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

作家・池波正太郎の作品にちなんだ場所に出かけ、作中の登場人物や風景、環境などを見て歩く紀行文のような作品である。池波正太郎の作品と一口に言っても色々だ。三大作品の鬼平犯科帳、梅安、剣客商売から、長編、短編、そして食通池波が自由闊達に思いを描いた食卓編まで、多様である。

 本編はそこに気を遣って平等、公平に作品を選択しているようだ。ということは、読者としては全てを守備範囲に収めている人は少ないと見ているようだ。たしかに、私も鬼平犯科帳、長編、食卓編までしかない。したがって、本編でも梅安、剣客商売が出てくるともうお手上げである。

 本当は鬼平犯科帳に出てくる江戸界隈の名所を巡る旅にして欲しかった。読んだこともない作品にちなんだ場所を描かれてもどうということはないのだ。しかし、よく見ると鬼平犯科帳にちなんだ場所をめぐる散歩コースなどの作品はそこら中に出回っていることに気付く。実際に散歩ツアーがあるくらいだ。

 内容は、上記の作品の中から選択し、当該作品に出てくる人物、場所などを作者自身が歩いている。その作品が上記のとおり、池波の作品を公平に選択している。鬼平、梅安、剣客商売はもちろん、真田太平記、おとこの秘図、剣の天地、あほうがらす、男振、忍びの旗など知らない作品も多い。

 これだけ公平に選択されていると、本書を読んでいるうちに、池波の読んだことのないこれらの作品を読んでみようかという気になってくる。明治維新の西郷隆盛や桐野利秋などの人物を描いた作品もある。鬼平は鬼平の人柄がひとつの焦点であろう。鬼平を囲む登場人物と鬼平との関係において、鬼平とかかわる人物との情のかけ方が興味深いし、読みどころでもある。

 そこに描かれている人間関係は近年ではすっかり廃れてしまっている。こういう人物の下で働ければ、働きがいがあろうというものである。さて、池波の他の作品での焦点はどこにあるのだろうか? 楽しみになってきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/24 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/30 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/29 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示