サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

七人の王国 総理大臣は十七歳(メディアワークス文庫)

七人の王国 総理大臣は十七歳 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本

あっさりとしていながら深みがある

2017/04/09 08:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在、絶版(取り扱っていない)とのことで、とても勿体ないな~と思えるぐらい、面白い小説でした。
無人島を数人で開拓していく物語は、たとえば『15少年漂流記』や『神秘の島』、『ロビンソン・クルーソーの冒険』などがありますが…
この小説は、一風変わっていて、自分たちから無人島に移り住み、そしてそこで「王国」を作ろうとする。

日本から独立して、王国をつくる7人の物語は、政治の勉強にもなりましたし、「社会をつくるとはどういうことか」「権力を持つとはどういうことか」、そして「リーダーとなって統率していくことの難しさ」を面白おかしく、そして真剣に語ってくれます。

マスコミが情報を捻じ曲げていく様子もリアリティがあります。

「国」の難しさ、「人との関わり」の難しさ、「想いを伝えること」の難しさなどなど、いろいろなことを感じさせてくれる、さらっとしていながらも深い小説でした。

ハラハラ…4
うきうき…3
キュンキュン…2
うるうる…2
ほのぼの…3
ふむふむ…5

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分たちの居場所を作る

2015/09/30 14:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

中堅リゾート会社が所有する小笠原諸島他人島は、日本国に対し独立を宣言した。彼らが掲げるのは、誰かの居場所となれる国だ。日本に生きづらくなった人は誰でも、国民となる権利がある。総理大臣は柳川登、17歳。それを支えるのは元アイドルの外務大臣である野原梢、考える前に行動するタイプの国土交通大臣の原田渉、格闘タイプの防衛大臣の酒匂信子、地権者である食料大臣の三鬼恵悟、医師免許をはく奪された医療大臣の須賀清史、元営業マンの内務大臣の目黒洋一だ。
 もちろん、日本からの独立など簡単に受け入れられるわけもない。マスコミが食いつき始めるものの、日本政府からは半ば無視され、環境保護団体の急先鋒が糾弾に来たり、国民の増加に伴い利権を嗅ぎつけてくる業者がいたり、自然との闘いが繰り広げられたりする。

 そして盛り上がった機運は、少しのきっかけで叩き落とされる。わずか7人で始めた国の興亡記だ。

 なぜ彼らがそれをなすにいたったのか、人間サイドから描くというよりも、現象サイドから描いている感じがして、いまひとつ腑に落ちない。彼ら彼女らはそれぞれ思い悩んでここに至ったわけだが、それが言葉で説明されるだけで、描いているという感じではないのだ。結局、一巻で全てを描き切るには、あまりにも要素を盛り込み過ぎだった。
 まあ要素はたくさんあっても良いかもしれないが、その中で重点的に描く要素を決め、そこだけにスポットを当てて描いた方が、まだ盛り上がった気がする。それぞれにちょっとずつ触れただけなので、今ひとつ消化不良の感が否めない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/02/04 00:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/06 02:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/03 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/09 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/28 04:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/23 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/04 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/31 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/19 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/07 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/09 10:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

13 件中 1 件~ 13 件を表示