サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

hontoレビュー

ほたるの群れ 4 第四話 瞬(幻冬舎文庫)

ほたるの群れ 4 第四話 瞬 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

これは、すごい。

2012/11/06 12:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

これだけがっつりと、しかも面白いバイオレンスアクションはホントに久々・・・というか初めてかも。これまでの三巻で加速し続けてきた物語が、いよいよ爆裂!という感じ。物語中盤から以降は、息もつかせぬ血で血を洗うようなバイオレンスアクションの連続。ところが、これが不思議なほど生臭い物を感じない。いやある種の、美しささえ感じてしまう。記憶に新しいバイオレンスシーンていうと、真保裕一の「ホワイトアウト」とか東野圭吾の「天空の蜂」とかがぱっと浮かぶのだけど。どれも結構リアルで生々しかったと記憶してます。でも本作品の方が、よほど血飛沫が飛び人間が肉塊へと壊されるシーンがあるけれど、不思議な程血なまぐさくない。なんだろうおとぎ話のような、非現実の世界に引き込まれる感覚。やはり主人公が中学生であるという事、そこにうまく女の子たちの萌え要素を絡め、また使う武器なんかも一工夫入れる事でうまく血なまぐささをファンタジーっぽく変換出来てた設定の妙だと思う。だから何だろ、忌避感や嫌悪感的な物は一切感じずに読み終えられた。何せここまでハラハラもんのアクションは久々に読んだ、大満足。そしてこのシリーズも取りあえず一学期終了という事で一段落。ああ余談だけれどこの巻の物語中、組織の関係等に関してのレジュメ的説明があったのは嬉しかった。そういう意味でもスッキリ満足。さらに蛇足を加えると、巻末の「資料室」を一目見てから読まれた方が、さらに面白く読めるかも。ハラハラドキドキのアクションをご所望の方は、本作品ぜひ1巻からどぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/27 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/14 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/03 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/14 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/01 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/25 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/19 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/20 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/30 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/16 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/12 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/03 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/03 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/03 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

15 件中 1 件~ 15 件を表示