サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

和菓子のアン(光文社文庫)

和菓子のアン みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1,095件

みんなの評価4.1

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2012/12/17 04:34

和菓子の奥深さを巡るミステリー!

投稿者:Labyrinth8 - この投稿者のレビュー一覧を見る

坂木司さんの著書は初めて読ませて頂きました。
主人公のアンちゃんにすっかりなりきって、この小説の主な舞台であるデパ地下の表と裏をまるごと体験したかのようです。


和菓子には言葉遊びや季節感、まつわる物語などなど、洋菓子とはまた違った奥深さがある事が沢山書かれています。
この小説はそんな和菓子にまつわる言葉遊びや物語などを絡めながら、様々な謎を紐解いていくミステリー小説です。
謎と言ってもSFミステリーものと比べそこまでシリアスなものではありませんが、主人公のアンちゃんや椿店長、立花さんと一緒になって謎を解いていく楽しさはどこかほっこりしていて暖かいです。


本の帯に「心に残る小説」とありましたが、読後感はとても心がほっこりしてすっきりと良い気持ちになれました。
みつ屋のようなお店が日本のデパ地下のどこかにあるのかも…なんて考えてしまいます。

そして何より和菓子が食べたくて食べたくて仕方なくなります!
作中に出てくる和菓子の描写が細かく(味や食感、見た目など)どれもが美味しそうでたまりませんでした。


長くなってしまいましたが、ほっこりしたい時、ちょっと甘いものが欲しい時にはオススメの1冊です。
ずっと手元に置いて何度も読みたい大切な1冊になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2013/02/05 10:55

ライト

投稿者:夏 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学か、就職か。
悩んだ末、デパチカの和菓子屋さんでバイトを始める女の子の話。

主人公に共感できる部分があって読みやすかった。
さらっと読める作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

1,095 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

和菓子の奥深さを巡るミステリー!

2012/12/17 04:34

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Labyrinth8 - この投稿者のレビュー一覧を見る

坂木司さんの著書は初めて読ませて頂きました。
主人公のアンちゃんにすっかりなりきって、この小説の主な舞台であるデパ地下の表と裏をまるごと体験したかのようです。


和菓子には言葉遊びや季節感、まつわる物語などなど、洋菓子とはまた違った奥深さがある事が沢山書かれています。
この小説はそんな和菓子にまつわる言葉遊びや物語などを絡めながら、様々な謎を紐解いていくミステリー小説です。
謎と言ってもSFミステリーものと比べそこまでシリアスなものではありませんが、主人公のアンちゃんや椿店長、立花さんと一緒になって謎を解いていく楽しさはどこかほっこりしていて暖かいです。


本の帯に「心に残る小説」とありましたが、読後感はとても心がほっこりしてすっきりと良い気持ちになれました。
みつ屋のようなお店が日本のデパ地下のどこかにあるのかも…なんて考えてしまいます。

そして何より和菓子が食べたくて食べたくて仕方なくなります!
作中に出てくる和菓子の描写が細かく(味や食感、見た目など)どれもが美味しそうでたまりませんでした。


長くなってしまいましたが、ほっこりしたい時、ちょっと甘いものが欲しい時にはオススメの1冊です。
ずっと手元に置いて何度も読みたい大切な1冊になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読後は和菓子を食べたくなる

2012/11/17 09:27

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こぶたとともに - この投稿者のレビュー一覧を見る

デパ地下の和菓子屋「みつ屋」で繰り広げられる出来事を、主人公アンちゃんの視点で描く、ほのぼの物語。

 「みつ屋」を訪れる顧客にまつわる謎を解きながら、毎月の上生菓子を通じた季節感・和菓子に込められた意味・接客のエッセンス・デパ地下の熱気が小気味良く展開される。
 自然と和菓子の知識を学べる工夫がなされた文体も面白い。

 愛嬌たっぷりのアンちゃんや消費者心理を的確に分析する椿店長に接客されれば、お店のリピーターになること間違いなし。

 続編&シリーズ化を期待してます!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

癒し系ミステリー

2015/02/20 16:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あるばとろす - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公はデパートの中にある和菓子屋さんでアルバイトをする梅本杏子という18歳の控えめな可愛い女の子です。
その和菓子屋さんに来店されるお客様から持ち込まれる謎が、季節ごとの和菓子を織り込みながら解かれていきます。和菓子の呼び方や由来などが単なる説明としてではなく、物語の素材として記されており、知識も得られました。癒し系ミステリーとでも申しましょうか。ミステリーものの幅の広さを実感しました。
何日かかけて読み終えたのですが、毎回本を手に取りページを開くのが楽しみで、楽しみで。お気に入りのドラマの次回の放送を楽しみにしているような感覚でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おおきな事件が起きず、ほのぼの

2012/12/28 12:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひとみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

お店の顔ぶれがすべてキャラ立ちしているので、これからも続編があると期待しています。

ホントに和菓子を食べたくなる〜!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

これで和菓子にはまってしまった…

2018/06/30 22:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:avocado - この投稿者のレビュー一覧を見る

和菓子をテーマにしたお話なら、きっと老舗の和菓子屋さんが出て来るんだろうなと思っていたら、なんと舞台はデパート。
デパートの裏事情も知れて面白いです。

読めば和菓子の名前の由来とか、形とか、絶対気になってしまう…!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おいしい日常ミステリー

2018/06/13 11:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

和菓子屋のお仕事はもちろん、和菓子の奥深さを知ることができる美味しく興味深い日常ミステリーでした。和菓子を買いに行きたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

甘いだけじゃない

2017/08/04 20:54

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

和菓子の描写が美味しそう。その和菓子の世界の初心者・杏子ちゃんがいい子。無神経な人の言葉に傷ついたり、自分の不安定な立場への焦燥感とか分かるなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

上生菓子って、ゆるりとろりのアンのやつだよね!?

2017/05/14 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

いやー、おいしそうです。たまらないですね。
「アンの青春」を先に読んでしまい、シリーズ第一作のこちらに
戻ってきました。順番の影響は多少ありますが
気になるほどではなく、どちらも充分楽しめました。

梅本杏子(きょうこ)、十八才。身長150cm、体重57kg。
小学校のころのあだ名はコロちゃん。いまはアンちゃんです。
高校を卒業しましたが、大学に行きたいほど勉強は好きじゃなく、
専門学校に行くほど好きなことも見つからない、いきなり就職って
いうのもピンとこない。

そんなこんなで家にいるアンちゃんは、モラトリアム全開の
困ったちゃんです。でも体重と愛嬌はたっぷりあって、ぽーっと
幸せに過ごしているのです。

さすがにいけないと思いアルバイトを探し始め、デパートの和菓子屋
みつ屋に行きつきました。みつ屋にいるのは、社員の椿店長と
立花さん、アルバイトで大学生の桜井さんです。
この三人が個性的で、俗にいうキャラ立ちしているので軽やかに
楽しめます。

アンちゃんは和菓子の素人ですが、お客様に聞かれてから、
ちゃんとしなきゃという思いで商品とその背景にある和菓子の世界を
学んでいきます。
解説にもありますが、この作品は日常の謎を推進力にしつつ、
アンちゃんの成長を楽しむお話なのです。

和菓子の勉強は、読んでいるこちらも知識欲を満たしてくれますし、
ついでに食欲も刺激されるというお得な設定です。しかも上生菓子
ともなると、ストーリー性を備えたロマン派だったりするので、
乙女モードに突入していくのです。

上生菓子は三種類ずつ月ごとに入れ替わっていきます。
最初にアンちゃんが扱ったのは、兜、薔薇、おとし文です。
そのおとし文に掛けた謎。椿店長に促されて国語辞典を引くと、
そこにはとても思わせぶりなことが書いてあったのです。

季節の三種類の上生菓子の描写が、気持ちをとても上げてくれる
のですね。謎めいているのもいいし、食べたくなる感じもいいのです。
お薦めシリーズです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

和菓子がますます大好きに。

2017/02/03 09:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:笑う門ふう - この投稿者のレビュー一覧を見る

元々バター&生クリームより、小豆派でしたが、この本のおかげで
まあ!なんと和菓子の深いこと。
そして、子供の頃にお茶の習い事をやめてしまった事を超後悔…
読後、すぐにお茶菓子を買い、我流でお茶を点てました。
あ~日本文化って奥が深くて、素敵。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女子におすすめ

2016/11/05 12:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パプキン - この投稿者のレビュー一覧を見る

息子の中学校の先生おすすめ本でした。母親の私と小学5年の娘で読みました。主人公と和菓子にほっこりします。気分転換にピッタリ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よかったです

2016/07/01 11:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校を卒業後、和菓子屋でアルバイトをする女の子。
働いているメンバーが個性的ですてきでした。
和菓子の世界もおもしろいものですね。
お菓子が食べたくなってしまいました(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アンちゃんに会いにデパ地下に行きたくなる!?

2016/01/29 21:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

性別も不明の覆面作家・坂木司さんの代表作です。
ぽっちゃり系のアンちゃんのお仕事ストーリーです。
彼女ほど和菓子屋さんにピッタリの子はいないのでは?
私も仕事でつらいことがあっても,「アンちゃんも頑張ってるのだから」と思っています。
時々,アンちゃんに会いにデパ地下に行きたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほっこり

2016/01/17 09:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おおちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々に、読みながら自然と笑みが浮かんでくる本に出会いました。アンちゃんと立花さんの掛け合いも楽しいし、未知の世界だった和菓子についても色々わかってすぐにでもデパ地下に行きたい気分に…。これからのアンちゃんと立花さんのロマンスも期待しちゃいました。「ほっこり」と言う言葉がぴったりの一作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

和菓子のミステリー

2015/12/28 15:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サクラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めてすぐに感じたのは、和菓子でミステリーにするなんてすごい!!!です。
和菓子の奥深さを感じさせますね。
この本を読むと、和菓子を食べたとき、思わず専門用語を使いたくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

和菓子食べたくなるなる

2015/10/01 12:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saku - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公のアンちゃんは、ふっくら愛嬌のある可愛らしい女の子。アンちゃんの言動行動にきゅんきゅんさせられながらも楽しく読めました、やはりお仕事小説系は読みやすい。
タイトル通り、和菓子屋さんのハナシ。でもデパ地下にある和菓子屋さんで自分にもイメージしやすかった、モチーフになる和菓子についてもこういうお菓子ーと説明がされるので「た、たべたい…」と生唾飲む事しばしば。あまり小説読まないって人にも楽しめる一冊、人にもオススメしやすい一冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1,095 件中 1 件~ 15 件を表示