サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

hontoレビュー

天皇の代理人

天皇の代理人 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
15 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

歴史の影で奔走する人々

2015/09/30 08:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和四年から昭和二十年を舞台に、外交官の津村昌雄が出会った、外務省嘱託で特命全権大使相当の権限を持つという砂谷周一郎にまつわる物語を描いている。戦争に至るまでの外交史という視点で、ポイントポイントで起きる事件を、まるでホームズとワトソンのコンビのように解き明かし、日本の進むべき道を修正しようと奮闘する人物が砂谷と津村なのだ。
 なぜ本書のタイトルが天皇の代理人なのかの真の理由は、本書の最後で明かされている。


「死神は誤射した」
 箱根富士屋ホテルで変死した、幣原喜重郎外務大臣の腹心で駐支公使の佐分利貞男の後始末のお使いに出された外交官補の津村を待ち受けていたのは、嘱託でありながら特命全権大使相当の権限を持つ若い男、砂谷だった。
 砂谷は、自殺として処理された公使の事件を掘り返し、密室殺人として解き直そうとしていた。そしてその真相には、関東軍の支那工作と、外務省の和平勢力とのせめぎ合いの履歴が隠されていたのだ。


「頑固な理由」
 英国に三等書記官として着任した津村昌雄は、大使の吉田茂に呼び出され、砂谷周一郎と再会する。日本大使館に寄宿していた白洲次郎の紹介で、英国内務省参事官のウィリアム・ヴァーノン・リアモンドに面会した砂谷は、彼にピーテル・ファン・ズーレンを解放するように告げる。
 何が何だか分からないまま、ズーレンなる人物を引き取りに向かうことになった津村は、そこでちょっとした荒事に遭遇し、今回の件が、辰巳栄一中佐が駐在武官としてやってきた理由と、クリヴィッキー機関に関係していることを知ることになるのだった。


「操り人形の計算」
 ドイツに二等書記官として着任した津村昌雄は、大使の大島浩から機密費の支給を受け、スパイを子飼いにして情報収集にあたっていた。そんなある日、海軍総司令部にタイピストとして勤務する女性から、シンガポール要塞の防衛態勢に関する文書を入手したとの連絡が入る。
 喜び勇んで日本の息のかかったカフェでその女性と密会した津村が戻って代金の手配をしようとした時、日本語で声をかけて来た男は砂谷だった。そして彼は津村に思いもよらぬ返事を先ほどの女性に返すように告げられる。


「終幕に向かう列車」
 スイス公使館に一等書記官として着任した津村昌雄は、公使の加瀬俊一からの指示で、グランドホテル・ドルダーに人に会いに向かうことになる。そこにいたのは大方の予想通り、砂谷周一郎だった。
 終戦のために奔走してボロボロになっていた砂谷は、チューリッヒからベルンまで、フリードリヒ・ハックという人物の護衛に参加して欲しいと依頼する。彼はアメリカ戦略情報部欧州総局長アレン・ダレスとのパイプを持つ人物であり、藤村義一中佐の意を受けて、終戦に向けた準備をしている人物だったのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/15 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/09 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/19 09:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/21 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/12 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/16 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/12 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/30 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/17 11:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/29 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/04 10:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/15 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/15 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/04 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

15 件中 1 件~ 15 件を表示