サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

謎解きはディナーのあとで 3

謎解きはディナーのあとで 3 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー163件

みんなの評価3.7

評価内訳

163 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

意外な最後

2012/12/31 22:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RSA - この投稿者のレビュー一覧を見る

影山の推理に感心するばかりです。最後はちょとさみしくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マヂYabai!

2012/12/31 00:02

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:~namichi~ ARASHIC 潤love - この投稿者のレビュー一覧を見る

謎ディは、1巻からずーっと読んでて、3巻が出たときは、速攻買いましたwww

2巻に続き、超絶面白かったです。
4巻に期待です!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東京・国立署の刑事を主人公にした連作短編ミステリー3作目

2017/04/12 12:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sipa - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京・国立(くにたち)署の刑事を主人公にした連作短編ミステリー3作目。 シリーズを通して市内各地の実在する地名の描写が多い作品です。

国分寺のエックス山、立川の競輪場、複合型映画館(『シネマシティ』)等、 隣接する地域のあれこれについても書かれています。

各話の事件現場は以下の通りです。

1.「犯人に毒を与えないでください」
 国分寺市西恋ケ窪(国分寺の西、住宅地の一角)。

2.「この川で溺れないでください」
 国立市谷保もしくはその近辺(多摩川の土手、国立と立川の境界付近)。
 被害者の自宅として国立市泉もしくはその近辺(泉団地そば)が登場。
 世田谷(成城5丁目)で事情聴取。
 冒頭の回想シーンで吉祥寺の井の頭公園が登場。

3.「怪盗からの挑戦状でございます」
 国立市某所(主人公の自宅、国立市の一角にある大邸宅)。

4.「殺人には自転車をご利用ください」
 立川市砂川町(五日市街道から路地をひとつ入ったところ)。
 国分寺市北町(関係者の自宅)、並木町もしくはその近辺 (国分寺と立川の境界付近、五日市街道沿いのコンビニ)で事情聴取。

5.「彼女は何を奪われたのでございますか」
 国立市青柳(甲州街道沿いのマンション建築現場)。
 国立市近郊(関係者が通う大学)、大学通りに面したカフェ (オープンテラス付きの描写あり、おそらく『ask a giraffe』)、 国立市某所(関係者の自宅前)で事情聴取。
 冒頭で立川の伊勢丹近くにある実在の喫茶店『クリムト』が登場。 (店名の明記なし、しかし細部の描写がクリムトそのもの)

6.「さよならはディナーのあとで」
 国立市西3丁目(中央線の線路そば)。

第1作から第3作にかけて、主な舞台となる東京・国立(くにたち)の 各地がまんべんなく出てきた感があります。

具体的に地名が出てきていないのは、富士見台、矢川、石田。 主人公の自宅について、いつも国立市某所、国立市の一角にある大邸宅 としか書かれていませんが、答えは案外この中にあるのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

3巻とも楽しく

2016/01/31 16:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

名門家庭のお嬢様刑事、金持ちのボンボンの部下。しかし、実際に謎を解くのはチラッと話を聞いただけの、お嬢様宅の執事。着想そのものが面白く、3巻とも楽しませてもらった。今回の6編目は「さよならはディナーのあとで」。打ち止めにふさわしく、また、そろそろ幕を下ろす頃合いだと感じていたから、うまくまとめたと思う。事実、あまり長く続けるシリーズでもない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/20 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/19 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/15 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/23 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/12 06:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/17 13:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/23 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/26 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/23 08:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/27 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/13 16:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

163 件中 1 件~ 15 件を表示