サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー47件

みんなの評価3.9

評価内訳

47 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

1947年ブロードウェー初演でマーロン・ブランドが好演の、ピューリッツァ賞に輝く近代戯曲の名作。1951年作の映画ではヴィヴィアン・リーがアカデミー主演女優賞。この名の通りの電車が走っていた!?

2002/01/15 13:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 映画で何度か見た話だ。一度聞いたら忘れられない印象的なタイトル——この名の通りの電車が、舞台となったニューオーリアンズの町に走っていた…ということが、訳者による解説に書いてあってびっくりした。「欲望」のみならず「墓場」と書かれたニ系統の電車が走っていたというのである、その昔。
 女性専用車両のサービスが出てきた今から考えると、「欲望」というのは痴漢が大手を振っているようなネーミングだし、まして「墓場」ときたのでは毎朝毎夕、通勤・通学の用で乗らなきゃならないとしたら苦笑いもの。こと、成績がおもわしくなくて落ち込んだ黄昏どきなんかには、ご面こうむりたい。

 タイトルが暗示しているように、欲望はごとごと音を立てて走り続ける。そして、行き着く先がない…という内容である。名英文学者の小田島雄志先生が、同じく解説で述べているが「引き裂かれたまま傷口を露呈しているかのように見える」といういたたまれない話。人の不幸を癒しに使う人ならいざ知らず、癒やされたい内容の本を求める人にはふさわしくないと思う。生の荒々しく厳しい現実を知りたい、小説のなかでそういう現実を生きる時間をもちたいという人向けである。

 アメリカを代表する劇作家といえば、テネシー・ウィリアムズの名前が挙がってくるものだろう。彼がブロードウェー・デビューに成功した『ガラスの動物園』初演が1945年3月末日(余談だけれど、先日ある図書館で、中年の男性職員がこの本を『カラスの動物園』というので、私は腰を抜かしそうになった)。日本が本土決戦にどう備えるかを考えあぐねている頃、この『欲望という名の電車』同様、ダウンタウンを舞台にした暗いムードの芝居が絶賛されていた。で、その2年後に『欲望という名の電車』が初演。 

 大戦のさなか、また大戦後、アメリカで享受されていた興行はブロードウェーにかかった芝居だけではなかろうが、当時の国民が欲していたものの一つが、ここに象徴されていたという見方もできると思う。それが舞台と映画の両方で、若き日のマーロン・ブランドが演じた、スタンリーというポーランドの血を引く男性の粗暴なまでの猛々しさである。やはり「強さ」がアメリカという国の在るべき姿であり、シンボルなのではないかという気にさせられる。

 没落した地主階級で田舎に屋敷がある娘ステラを妻にして、たくましい労働者スタンリーは、友だちとのボーリングや飲酒、ポーカーゲームなどで日々を楽しく過している。そこに、田舎の屋敷を手放したステラの姉ブランチが転がり込んでくる。それでも、ブランチには最後のプライドが残されている。カクテル・パーティーに招ばれたかのような優雅な格好をしており、レディーらしく振る舞う。
 しかし、夫婦二人が暮らすアパートは1DK。キッチンだったところにソファー・ベッドが置いてあり、間仕切りはカーテンだけという、つましい住まい。プライバシーお構いなしに、スタンリーはバスルームを使い、ポーカー仲間を呼ぶ。さらに、自分がブランチにした残酷な仕打ちで彼女が神経を病んでも、何事もなかったかのようにポーカーを続けるのである。
 作家自身が得ることができなかった、この粗暴なまでの強さを得たアメリカの行方は、欲望という名の電車と同じなのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/12 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/16 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/02 16:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/20 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/11 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/05 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/03 04:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/22 09:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/12 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/05 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/17 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/09 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/24 15:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/01 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

47 件中 1 件~ 15 件を表示