サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

ウイルスや微生物による感染症のパンデミックの概要を理解したい人向け

2017/04/29 18:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本に書かれていることで、私が重要だと思ったことは次の三点です。
1.人口がかつて大量に減少した際に、人類が体内に保有しているウイルスや微生物が大量に減少したことが低下した。そして、人類は微生物やウイルスの多様性の低い環境で生きることになった。その結果、感染症に対する防衛機構を失ってしまった。
2.現代はインフラが発展しているので、ウイルスが簡単に広まってしまう。移植や輸血などの医療技術の発達により、人々がウイルスや微生物をやり取りする機会が増えてしまった。
3.家畜などを飼育するようになり、その中でウイルスが撹拌され、進化するようになった。
もちろん、他にも重要なことが述べられています。後は、感染症の波を予測するための研究などが本書の最後の方で紹介されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感染症に興味のある方におすすめです

2015/05/04 00:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作はパンデミックの事前予測システムGVF(世界ウイルス予測)を設立した著者による、ヒトとウイルスの関わりの歴史とGVFの歩みの解説をまとめた本です。

この本の中にある「嵐が近づいている。本書の目的は迫り来る嵐について理解することだ。つまり、パンデミックの性質を探求し、それらがどこからやってきて、どこへ行こうとしているのかを知ることにある。」という言葉通り、パンデミックについて非常に理解しやすい本になっているため、あまり学術的ではなくむしろ非常に実践的な面が大きいです。

学術的な方面にも興味が湧いた方は「破壊する創造者」もおすすめです。この本と併せて読むことで、理論と実践の両面からウイルスを理解することができます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/06 10:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/26 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/08 14:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/12 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/09 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/19 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/01 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/17 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/28 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

11 件中 1 件~ 11 件を表示