サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

同窓生 3 人は、三度、恋をする (ビッグコミックス)(ビッグコミックス)

同窓生 3 人は、三度、恋をする (ビッグコミックス) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

それでも『俊平』の頃のように期待している自分がいる

2013/01/03 20:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

40歳代の恋愛(というより、恋愛のやり直し)を描いたこの物語も、これにて完結。
やはり話の途中で評価するのはむずかしく、第2巻のレビューでは「健太の逡巡がリアルに思える」などと書いてしまったのだが、ここへきて健太こそリアルでなくなってしまった。彼の思いこみは他人のことをまるで考えていないわけで、これはとても40代とは言えないのではないか。
そう考えると、遼介も薫子もどこかある種幼いところがあるように見えてしまう。40代はまだ人生のやり直しができるのだろうか。そんなことを考えさせられてしまうのだ。
もちろん、マンガはマンガなわけで、実際にはあり得ないこと、ある種あこがれと思ってしまうようなことが起こりうるのだと描いてしまうことに意味があるのかもしれない。しかし、『俊平』で同世代人としてのリアルさを感じた身としては、柴門マンガには夢よりもリアルさを求めてしまうところがある。そここそが、柴門マンガの魅力だったのではないだろうか。
別のところでも書いてしまっているのだけれど、25年も会わないでいた同級生に、同窓会という場で再開したからといって、一時の懐かしさや感情でその後の人生をかけてしまうようなことをしてしまうのだろうか。個人的にはそこが、どうしてもリアルにならないのだ。
しかも、多少意外なところはあったものの、ラストはやはり予定調和のように、当初収まるであろうと思われていたところへ収まる(という結果が描かれているわけではないのだが)という、いかにもの終わり方をしてしまっている。物語としては、最初の設定からするとこれしかないのだろうけれど、やはり何か物足りない。
柴門マンガは、作者が自分と同世代をそのまま描いていた時にはリアルであったけれども、徐々に時間や舞台を変えていくことでそのリアルさが薄れていったような気がして仕方ない。それでも『俊平』の時のリアルさの魅力が忘れられず、こうして読み続けてきたのだけれど、そろそろ終わりなのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/09 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/21 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示