サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

hontoレビュー

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

志乃ちゃんは自分の名前が言えない みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー54件

みんなの評価4.2

評価内訳

54 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

いいと思います

2015/11/14 12:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きらい - この投稿者のレビュー一覧を見る

十人十色 人それぞれの悩みがあることを考えさせられる内容と思います。
現実にはいじめにならないよう気をつけるべきことです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

普通にしゃべれる魔法の言葉。

2015/09/29 17:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤミー - この投稿者のレビュー一覧を見る

某障害者番組で取り上げられているのを見て購入しました。
タイトル通りのお話です。
志乃ちゃんは所謂「吃音」なのですが、
一度もその名称は出て来ません。
それは、作者の意図によるものだったそうです。

最後、志乃ちゃんが何度も「悔しい」と叫ぶところで私も涙。
私は吃音ではありませんが緘黙というヤツで、
私も人前で自分の名前が言えません。
加代ちゃんという友達は、本当に素敵な子です。

普通に喋れる魔法の言葉。
私も見つけられたらいいのにと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

過度な期待はしてはいけないけれど、読んでおいてもいいかな、という漫画

2015/03/26 17:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:B4 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、表紙絵の志之ちゃんと作中の志之ちゃんは若干、顔が違います。結構なゲスい漫画も描かれる押見先生のいつもの画風ですから、表紙の「ふわっとしてるのかな」という感覚でページを開くと少し面食らいます。中身は吃音症の女の子がちょっと前進していく話ですが、展開はなんとなくベタ。素晴らしい! これはいい漫画だ! と言うには一歩及ばなかった感じの作品でした。あとがきで「ああ、なるほど。そういういきさつか」と思うのですが、それ以上は感想が出てこない漫画でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/08 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/14 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/30 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/18 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/20 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/27 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/18 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/27 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/06 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/02 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/08 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/03 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

54 件中 1 件~ 15 件を表示