サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

hontoレビュー

小説仮面ライダークウガ(講談社キャラクター文庫)

小説仮面ライダークウガ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.5

評価内訳

27 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

クウガが好きな人間には堪らない作品

2017/02/03 00:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k4zuTaka - この投稿者のレビュー一覧を見る

仮面ライダークウガ最終話の13年後を描いた作品となっており、一条さん目線の物語となっています。勿論他のキャラクターのその後も描かれています。
クウガが好きな人間なら、読んでいる時に脳内でBGMが流れてくるのではないでしょうか。それぐらいクウガの世界観に引き込まれます。
クウガが好きなら読んでおくべき作品と言えるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一条さんの1人称小説

2015/08/26 09:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:セボフルラン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょうど仮面ライダークウガはリアルタイム世代で、DVDなどでも繰り返し見ており、懐かしく思いながら購入しました。
 ネタバレにならないようにお話しますと、奇怪な連続殺人事件が続き、グロンギの犯行でないかと捜査に当たる一条さんが主役の小説です。
もちろんその他メインキャストのその後も描かれ、ファンとしては大満足の1冊でした。ただ、五代さんを見たいという人には物足りないかもしれません。(出番はもちろんありますが。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしすぎました。

2015/08/10 09:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱちとと - この投稿者のレビュー一覧を見る

クウガTV本編から13年後の世界観で、一条刑事を中心に物語が展開していきます。クウガファンならば情景もばっちり目にうかぶ、いわゆる「脳内再生余裕!」状態でしょう。読み進めると途中でやめられないぐらい、物語の世界にどっぷりとつかってしまいます。また、色々と張り巡らされた伏線が最後に意外な形でつながって、ミステリー小説としても面白かったです。荒川ワールド前回の、細かいネタも満載です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伝説は塗り替えるもの

2015/05/09 22:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一匹狼 - この投稿者のレビュー一覧を見る

クウガの完全な後日譚。小説媒体もよかったけれど映像にならないかなー。素晴らしかった。東京タワーのシーンを映像でみたい。
クウガがいかに異色作だったのかを改めて実感。そして、騙された! 平成ライダーにおいてのクウガのイメージにとらわれていたため見事にやられた。とても爽快でしたが読んでない人には言えないもどかしさ。面白かった。
そういえばアキバレンジャーらしき描写があったような?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

進化するグロンギ、退化するリント【ネタバレあり】

2015/10/05 22:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Rick - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビ版のストーリーの完成度の高さから続編というのは相当にハードルが高かったと思いますが、しっかりと作られています。
現代まで生き延びたグロンギが、人気アイドルだったり、社長だったりと社会的な地位を得て、ゲゲルを行っていたことが印象的でした。ゲゲルで殺す数も本編よりも遥かに多くなっています。
その理由は「堕落した今のリントはそれ位の数でないと殺す価値がないから」だそうです。
人類と相互理解の不可能なグロンギ出会っても、リント=人間に対しては殺すに値する存在として一種の敬意みたいなものは持っていたんですね。我々が殺される価値のない存在になってしまったのは喜ぶべきか悲しむべきか…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

クウガが好きなら一読の価値あり?

2015/07/14 01:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kg - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ構成を担当した荒川稔久が書いた小説版仮面ライダークウガ本編の後を描いた物語で
本作では主人公五代雄介の出番はそれほど多くなく相棒役である一条薫が実質的な主人公となっているがクウガの出番も十分あり読み応えのあるものになっている 
挿絵等はなく文体だけで仮面ライダークウガの世界を表現しきっているのは見事であり見もの

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/23 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/04 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/28 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/11 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/09 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/18 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/12 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/04 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/13 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

27 件中 1 件~ 15 件を表示