サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

hontoレビュー

猫のあしあと(講談社文庫)

猫のあしあと みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
23 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

せつない

2016/04/30 06:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あられ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本棚の奥にあったのを再読。この本は、先行の「猫にかまけて」と同様に、あるいはそれ以上に、せつないエッセイ集です。最後のゲンゾーのところが一番せつないですが、著者のところに連れてこられる猫ちゃんたちそれぞれがせつないし、連れてくる保護団体の人に「探しているのはこの猫ではない」と言わず(言えず)に受け入れる著者夫妻もせつない。でも、何より、ウメチャンですよ……(涙)。元気に大きくなった子がいるのが救い。「いのち」、「生きること」、「生かすこと」について、飄々としたトーンの奥に、とてもまじめで真摯な思考が見えます。写真も「うちの子」らしさがあふれてて、すてきです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

猫との日々

2017/06/30 18:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の猫にベタベタしない距離感が好きなシリーズです。猫を思って色々と行動しても 必ず報われるわけじゃない。でもやらずにはいられない。そのあたりに愛を感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/30 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/10 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/22 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/06 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/28 02:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/09 08:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/05 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/10 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/09 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/24 08:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/03 09:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/30 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/18 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

23 件中 1 件~ 15 件を表示