サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto9周年 ポータルページ ~6/30

hontoレビュー

東の海神西の滄海 みんなのレビュー

文庫 第5回吉川英治文庫賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー205件

みんなの評価4.6

評価内訳

205 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

尚隆がかっこいい

2020/01/25 01:06

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名希望 - この投稿者のレビュー一覧を見る

尚隆が気持ちいいぐらいかっこいい
周りで使えている人たちは大変だと思うけど
信頼されているからありき の無茶ぶりですよね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

延王延麒の最強タッグ

2020/02/13 22:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うれい - この投稿者のレビュー一覧を見る

延王尚隆が稀代の名君と呼ばれる訳がわかるな…六太は斡由の本性がわかるまでは、最初斡由にも蜂起する理由があると思って大人しくしていた訳だが、もし斡由が裏表ない人物でホントに心の底から民のことを考えていたら……?? 読み終わった直後はそんなことを考えていたが実際裏表も含めて麒麟は無意識に王を選んでいるのかもしれない。 過去と現在が同時に語られ、尚隆自身の苦悩や成長も垣間見える。この2人が好きなのでとても面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魅力的な二人

2021/03/10 13:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うえありひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

延王尚隆と延麒六太、とても魅力的な二人の物語です。
『風の海 迷宮の岸』でも登場していた二人。こちらを先に読んでいるかどうかで、延王の印象が随分違うように思います。
どちらから読んでも、先に読んだ方をもう一度読み返したくなるのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

凄い物語

2019/12/14 23:17

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんな小説があったなんて。ファンタジーであり、SFであり、戦闘記でもある。こんな本があったなんて。その世界観に慣れるまでは、とても難しい。しかし 少しずつ物語に入り込み、もう夢中!ハリーポッターが世に出るずっと昔に、ハリーポッターよりも複雑な世界観で書かれた本。悪と善も 敵と味方も無く、どちらにも成り得るという人生そのものの手引書のようです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すがすがしいまでのヒーローっぷり。

2019/11/09 16:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kochimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

月の陰影の海に登場した延王尚隆と、その麒麟六太の巻。
前作でも余裕の態度でしたが、
自国ではこんなにのらりくらり・・・
能ある鷹は爪を隠すって、
隠しすぎやろー!!
能がないかとハラハラしましたよ。
でも、六太はちゃんとわかってた。
尚隆は王にふさわしい、絵に描いたようなヒーローだ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

波乱万丈を越えて

2019/10/13 11:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

「月の影影の海 下巻」 に登場した、延王・尚隆と延麒・六太が主人公の物語。
冒頭、二人の子どもがそれぞれ辿る残酷で数奇な運命。
さいしょからページをめくる手が止まりません!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ああ、そうだよな...

2018/06/21 18:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

読後、思わず呻いてしまった。歴史上の暴君も独裁者も国民に「悪い事をしよう!」と扇動したわけではないのだよな。殺戮も掠奪も破壊も「これぞ正義!」とたきつけたはずだ。当人もそう思い込んで言葉で酔わせて民にそれを信じさせてしまう、そんな人間は確かにいる。みすみす踊らされないためには人を見る目が、言葉を計る判断力が必要なんだと思い知らされる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

雁州国の王と麒麟の話

2017/09/30 18:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「国がほしいか?ならば、一国をお前にやる」これが、雁州国延王・尚隆と、延麒・六太とが交わした誓約だった。このお話は番外編にあたります。荒廃しきっていた雁がようやく少し立ち直ったころ500年弱前の雁の話。六太は少々強がってるように見えますが、麒麟の中で一番繊細でナイーヴな心の持ち主だと思う。尚隆は本当にカッコイイ!!たぶん十二国記で一番王にふさわしい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

★4

2013/02/06 22:27

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なまけもの - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく終盤の局面は、何度読んでも飽きない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東の海神西の蒼海

2013/01/07 22:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toshi - この投稿者のレビュー一覧を見る

十二国記Episode3。2人の捨て子と2人の主。昼行灯の様な王と民思いの様な州候代理。大方の予想通り、昼行灯も民思いも見せかけでってことだけれど、子供たちはそれぞれ信じる主のために動き、後味は悪くない。活劇的なところは少なめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

先を知っているからこその安心感

2020/04/18 03:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回の作品の王と麒麟はなんとも頼りなさげ。王は部下にタメ口で話され、麒麟は麒麟で誘拐はされるは、なかなか逃げないはで、途中まではストレスがたまりましたが、終盤はいつも通りスッキリ。しかし、エピソード1でも登場した今回の王は、実は名君。それを知っているからこそ、安心して読み進めることができるのが、ある種いいところ。次作は誰が主人公になるのか楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/22 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/30 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/30 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/24 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

205 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。