サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

hontoレビュー

新・雨月 戊辰戦役朧夜話 上(徳間文庫)

新・雨月 戊辰戦役朧夜話 上 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

壮大な戊辰戦争の記録と言った作品でした。

2016/11/30 01:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

壮大な戊辰戦争の記録と言った作品でした。あくまでも創作小説(フィクション)の範疇に入るのだろうが、登場人物や出来事を辿ると膨大な歴史資料に基づいて、史実に従って構成・展開されていることを伺わせる。更に面白いと思ったのは、大きな出来事や有名人を中心に展開するのではなく、中堅もしくは下層に位置する“間諜”達を浮き上がらせて、それに一般民衆の目線をも加えた視点で描かれている点である。加えて、官軍側にも薩摩・長州・土佐の間に過去の恨みつらみがわだかまっていたが、それ以上に奥羽越列藩同盟が旧幕府体制下の悪弊から抜け出せず、過去のしがらみや自藩の利益などから危機的状況を的確に見つめることが出来ないまま自壊していく様子と合わせて、近代戦で重要な役割を果たす“情報戦”“諜報戦”の醍醐味が作品に躍動感を与えていると感じた。
 上巻は幕軍・官軍の間諜動きが主体なので、既成の枠にとらわれないその状況に合わせた臨機応変な動きが求められ、更に取り巻く世界も民衆や中堅武士たちが中心なので、物語に広がりがあり面白い。しかし、中巻以降、戊辰戦争が本格化してくると、その主体はどうしても軍隊という集団になり、そしてそれを動かす首脳陣に移ってしまい、何か話のスケールが狭まってしまった感じがまぬがれない。特に、奥羽越列藩同盟側の既成の枠組みから抜け出せない首脳陣の動きはアリャマーって感じであまりワクワクしない。しかし、東北地方(奥羽越列藩同盟中心)での戦争が収束に向かう終盤では、再び主要人物たちが展開の軸に座って来るので躍動感があり著者の本領発揮と言ったところ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/06 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/23 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/17 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/14 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示