サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

11/1~ <honto限定!電子おまけ>3社合同・小田原みづえキャンペーン(~11/30)

hontoレビュー

不埒なロマンス小説の書き方(シフォン文庫)

不埒なロマンス小説の書き方 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍

安定してます

2013/07/15 22:32

11人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あずま - この投稿者のレビュー一覧を見る

前の作品でも思いましたが、この作者さんは安定していると思います(上からすみません)
キャラもストーリーもきっちりある上で、男女のいちゃこらがあるので安心して読めます。
恋仲でない人間がいきなり男女関係になるんですから多少の強引な展開は仕方ないとして、それでも物語の進みが安心できます。
話がちゃんと前に進むし、主人公の前向きさも素晴らしいです。
高感度の作品です。
エロであっても本筋のストーリーがきちんとある。エロはあくまで副産物です。
そういう小説を求めている人にはお勧めです。
そうじゃない人も読んでて面白いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

魂入ってました。

2015/12/14 00:46

5人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

19世紀終わり頃のロンドンが舞台かな。
セシリアの母は、人気ロマンス作家。
官能的な描写もある母の作品と、こっそり自分で書いていた小説をも馬鹿にされ、友達もできない女学校を辞めてしまったセシリアは、ある日、上がったばかりの母の原稿入りのカバンを、ひったくられてしまいます。
母は長期バカンス旅行に出かけてしまって留守。
新しく母の担当になった編集者のラルフは、セシリアの書いた小説を部屋から見つけ出すと、彼女に母のゴーストライターとしてロマンス小説を書くように命じてきます。
カン詰めにされ、最初は責任をとるためにしかたなく書き始めるセシリア。
でも、優れた編集者であるラルフに、プロとしての新しい視点を与えられるうちに、生来の書き手である彼女は書くことにのめり込んでいきます。
けれども、経験のない彼女にはどうしても書けないのが、官能シーン。
母の作品らしいものを書くには、避けて通ることはできない場面。
「作家にいい作品を書かせるために、俺は手段を選ばない」
セシリアはラルフに追いつめられて、官能シーンのための個人レッスンを受け入れてしまうのでした。
でも、彼に惹かれていくほどに、ラルフは良い作品を書かせるためだけに、自分のことを抱いているのだと、辛くなるセシリア。
官能シーンと執筆シーンと、上手に気持ちを絡めて、セシリアのせつない気持ちが切々と描かれます。
きゅんきゅんです。

葉月エリカさんの女の子は、いつも可愛いです。
セシリアは地味で引っ込み思案だけど、一生懸命で実はこっそりと好奇心も旺盛だと思う。
物を書く子らしく、観察眼に優れていて、情景描写や、ラルフの人となりなども彼女の目を通して語られる部分が多いです。
それも今回は、ヒロインの性格付けを自然に描くための要素になっている。
上手いなと思います。
ヒーローのラルフは俺サマで、感情の起伏をあまり表に出さないタイプ。
でも実はむっつり。
小説のために、と言いながら俺得でセシリアを好き放題しちゃいますが、最後の一線は守る律儀なところも見せてくれます。
またそれが、セシリアには切ないんだけど。
読者はジレジレで楽しいです。

10章最後の、二人が一度離れてしまう前の、最後の情事のシーン。
切なく、激しく、叙情的すぎず、具体的な行為もしっかり描いているけれども、ただそれをなぞるのみでもなく。
エロシーンとしては比較的短い、5~6ページの短いシーンでしたが、本当に、作者渾身のエロシーンでした。
作家物を書くにあたって、やっぱり魂入ってますね。
素晴らしいです、エロガッパ先生。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

やっぱり葉月さんは面白いです

2017/02/15 18:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sara - この投稿者のレビュー一覧を見る

編集者ヒーローの語るロマンス小説に必要な条件に、ウンウンと頷きながら読みました。私の求めてるのもほぼ同じだなと。
全てを満足させてくれる作品を期待しながら探してます。
ストーリーは序盤はヒーローの無茶ぶりが鼻について、小説のためなら乙女にも手を出すのかと引き気味でした。
徐々に恋愛感情が伴ってきたから良かったけど、それでもこのヒーローはどSだな。
無口で感情を語らず、分かりにくい。
その分、誤解もあってせつなくなる場面もある。
愛を語るまでにアレやコレやさせてるし。
だけど、エロシーン(敢えて愛を育むシーンとは書けない)はぐっときます。さすが葉月先生です。
ヒーローの男性的な魅力と卓越した技術…女性は一人だけ出てきたけど、もっと影をちらつかせてヒロインをヤキモキさせて欲しかった。Hシーン限定でカッコ良過ぎ。
クラクラきました。
ラストもこれでいいの?とヒロインに聞きたいくらいヒーローに振り回されてるけど、二人がよければハッピーエンド。
美味しい作品でした。ごちそうさま!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/18 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/26 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/28 02:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

6 件中 1 件~ 6 件を表示