サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

hontoレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ほしい本の一覧を見る

ママと叔母は僕を甘やかしすぎる(フランス書院文庫)

ママと叔母は僕を甘やかしすぎる みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

タイトル通りの甘くて安心印な王道展開

2013/08/07 21:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルの「ママ」は義母につき血縁はないが、「叔母」は父の妹につき血縁がある。最終的には大学生主人公を巡って軽い奪い合いを演じる2人のヒロインだが、結末としては和解するというか、強気だった叔母が義母の真意を見て改心するような、そんな、甘くて優しい作品である。

想いのベクトルとしては、どちらかと言うと「叔母 → 主人公 → 義母」といった感じ。亡くなった実母への遠慮から義母には距離を置いてしまい、入学を機に上京したものの、いろいろと上手くいかない都会生活に思い悩む主人公が、やって来た義母に、これまで鬱積していた諸々を思わずぶつけてしまうことから話は始まるのだが、肉欲にまで至るアプローチとしては少々違和感を覚えるものだった。作者お得意の慈愛に満ちた義母ではあるのだが、やや無茶振りにも思える主人公の迫りを受け止める心情としては少々ぎこちない印象である。義息との背徳を憂う割に、主人公を慮ってのこととはいえ、出てくる言葉が肯定的だからかもしれない。

しかし、叔母の登場が雰囲気を変える。義母より5つ若い32歳という設定でもあり、むしろ姉っぽく振る舞うところが生来の勝気な姉御肌と合致して展開に勢いを与えている。一見厳しくあたっているようでありながら、その実は現地妻よろしく主人公を溺愛しているのも可愛らしい。義母の登場と密戯の発覚によって奪還とばかりに発奮する叔母だが、これにより義母にも「ママ」としての想いをさらに深くさせてしまう、その火付け役にもなっているところが皮肉めいていて良かった。

確かにタイトル通りの甘やかされっ放しな主人公との許されざる関係に困惑しつつも得られる悦びに抗えない義母の情交が大勢を占める官能要素だが、しっとりとした品の良さで義息を慈しみながらも、責められては思わず喘いでしまう淫らさがメインの前半と、ある出来事から心を解放し、叔母への対抗心をスパイスに箍を外していく貪欲な後半とで違いを出しているのは好材料。叔母とのシーンがもう少しあっても良いし、お尻は余分かな?と思わないでもないが、終盤では絶頂を迎える場面も幾度かあって、官能描写は総じて良好である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示