サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 第4回 丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン(~1/13)

hontoレビュー

ドクター・ステルベンの病室(宝島社文庫)

ドクター・ステルベンの病室 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

新しいミステリーの形

2018/02/20 22:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

通常のミステリーではなく、前半のミステリーのようでないところが後半のミステリー部分の伏線になっている。そして犯人を追い詰め真相に迫るのではなく、ミステリー要素がありながら、主人公波木の人間性(キャラクター)に迫るものである。これは新しいミステリーの形であり、非常に良くできた作品である。

前半の波木はとにかく真面目である。血液内科医として患者を積極的に治療し、そしてどんな相手であっても病気を治す意欲を失わない。少しベクトルは違えど『白い巨塔』の里見のように患者に向き合うタイプの医師であった。一方で曽根は研究一筋で、『白い巨塔』の財前とは違うタイプではあるが、野心家であることは間違いない。決定的なのは曽根は出世だけを考え周囲は道具のようにしか考えていない、そして出世のためには研究して論文を執筆する努力を怠らず、そして出世に関係ないと思っている臨床には無気力であるのに対し、波木は出世に関心がなく、目の前の患者を治療することだけに情熱を持った医師である。そんな波木が迷惑患者の堂本に積極的治療を施さずにすますところから人が変わってしまった。波木は暗黒な部分を溜め込みすぎてしまったのであろう。前半と後半のギャップが魅力的な本作。最初のエピソードである権謀術数家(マキャべリスト)の地元企業の社長の次男を助けたり、次のエピソードである免疫不全患者との約束であったりのときの波木の人となりと小説の流れが堂本のエピソードでがらりと変わる。このような人物は本来こんな大胆なことはできないはずなので、その点は現実の社会ではおかしさもあるが、小説としては非常に面白い作品であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ステルベンの意味

2013/07/23 23:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:破魔ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

研修医の上あたりの奮闘記かとおもいきや、実は最後に・・・。こういう展開は予想できなかったのでミステリアスでびっくりでした。そういう意味で読んだんではないのがひっくり返ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/15 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/19 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/01 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/08 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/04 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。