サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「ヘミングウェイを読む英語力をつけたいならこの本!」ポイント5倍キャンペーン(~1/18)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー84件

みんなの評価4.1

評価内訳

84 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

真摯な心

2002/04/07 12:33

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 葵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人類が地球のほかにも存在しており、その人類たちで組んだ同盟「エクーメン」の使節として、ゲンリー・アイは惑星ゲセンへやってきた。雪と氷に閉ざされた惑星<冬>。その過酷な環境ゆえに、遥か過去に人類がやってきて放棄した植民地。彼はもちろん外交関係を開き、同盟加入を促すための使節である。まずカルハイド王国をたずね、そこでエストラーベンという実力者に庇護されつつ国王に会える日を待ちつづける。そんな中、アイは惑星を巡る陰謀に巻き込まれていく。

 前半はひたすらゲセンの社会や風景を描写する文章が続く。カルハイドとオルゴレインという2大国の様子が、緻密な文章で描かれていき、まるで自分がそこを知っているかのような錯覚を覚えさせる。
 しかし見所は後半半分。大勢の人物が登場し、絢爛豪華な王国風景を描いた前半も面白いが、ふたりきりの会話、ふたりの心のうちを淡々と描いている後半が、なによりも胸に響く。惑星<冬>の中でも一番寒く過酷な地域を選び、脱出劇を試みるアイとエストラーベン。その過酷な自然描写、異性人とのたった二人きりの逃避行の中で芽生える確かな友情が、細かに、しっかりと、丁寧に描かれている。そしてエストラーベンの故郷で迎えるラストシーン。エストラーベンという人間の生き様を思うと、このラストシーンには素直に感動できる。真摯な心は、万国共通なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/03 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/08 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/01 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/24 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/14 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/29 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/05 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/12 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/22 04:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/15 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/06 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/31 08:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/14 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/21 01:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

84 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。