サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

美しい繊細な絵、自然を敬う神への感謝の絵であるミティラー画の絵本

2017/10/30 10:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミティラー画の起源は古代にまで遡る。
ミティラー画はインド東部ビハール州近辺の村の女性たちによって描かれていた。伝統的には、漆喰を塗ったばかりの小屋の泥壁の上に描かれていたが、 1967年にビハール州を襲った干魃の救済事業として、時の首相インディラ・ガンディーがミティラー画を紙に描いて売ることを奨励し、以来、ミティラー画は布や手すき紙、カンバスに描かれ、アート作品として商品化されている。

伝統的にその技術は、ミティラー地方の家々で、主に女性によって、世代から世代に受け継がれた。

美しい繊細な絵、自然を敬う神への感謝の絵であるミティラー画の絵本である。
本文は、物語でも、生きものの紹介でもなく、作家が描く意図や動機が書かれている。絵に対する解説だ。作家の感受性の発露。

1冊ずつ手漉きの紙に印刷されている。贅沢な作り。子どものための絵本ではなく大人の本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一目惚れしました

2017/09/14 17:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

旅行先の書店で見かけて一目惚れしたものの、買わずに帰って来て後悔。

田舎に住んでいるのでネット注文することにしましたが売り切れ。

先日、再入荷していたのでようやく手に入れることができました。

この絵本は刷りを重ねるごとに表紙のカラーが変わるということで楽しみにしていました。

届いたのは2017年発行の4刷のもので、この注文画面にあるものと似ていますが少し違います。

魚の地の色は黄色で変わりませんが、顔と尻尾の先は赤い線で模様が入っており、胴体は紺色の線で鱗が描かれています。

美しく可愛らしい絵、インクの匂い、紙の手触りが嬉しくなる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごく贅沢な絵本です…

2016/01/20 15:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごく贅沢な絵本です。一枚一枚がシルク印刷!ページをめくるだけでそのインクの臭いが懐かしく迫ってきます。作者のコメントは「まじめかっ」って突っ込みたくなるほど純粋ですが、インドの女性たちが継承してきた民族絵画であるミティラー画をいかにも自身のオリジナルに描き換えたように表現されていることには反発を感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ながめるだけで楽しい ユニークな生きものたち

2015/01/29 18:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

手漉き紙にシルクスクリーンで手刷りされ、一冊ずつ手製本されたハンドメイドの絵本。
シリアルナンバー入りなので、一点ものです。
インクの香りや かすかな盛り上がりも 独特の風合いをもつこの本にぴったり。

内容は物語ではなく、画家ノート(絵に対するコメント、時にインドでのモチーフの印象などを紹介)であり、作品集のような感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/12 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/04 13:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/24 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/18 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/25 07:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/03 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

10 件中 1 件~ 10 件を表示