サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

hontoレビュー

黎明の坂 2

黎明の坂 2 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

期待の星、九郎義経の成長と頼朝の登場

2014/01/12 10:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トキワ・ケイジュ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第一巻では美女常磐を中心として彼女に魅せられた男たちの新しい
国づくりの夢が描かれたのに対し、第二巻では常磐の息子九郎義経を
中心に、彼を崇拝する男たちのさらなる美しく激しい武士の世界が描かれます。
尊敬する老将頼政が亡くなり、棟梁清盛亡きあとの平氏は父たちの夢を
共に追うに値しない ― 軍師的天分をもって表舞台に躍り出た九郎は
非常な人望をあつめ、源氏再興と武士社会の実現に向かって大きな
一歩を踏み出す。そして兄頼朝との結束。
この巻には二つの美しい“デュエット”があります。相手の一人は母似の
美女、そしてもう一人は恩師の仇。その相手をする九郎義経の、女を
酔わせ男に救いの手を差し伸べる姿の何とも粋で高貴なことでしょうか。
ピアニストである作者の方もまた九郎のように志高く魅力的であり、この
ずしりと重い、しかし手にすることに喜びを感じさせる本を音楽のように
送り届けてくれる、粋な女性です。
ぱっと見は地味に思える装丁もじっくりながめてみれば、そこには日本と
いう国の美しい“頂上”と、自然と融和する歴史的建造物が静かに温かく
置かれ、見直すべき日本語の美しさに彩られたこの作品を大きく支える
かのようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読むほどにはまる

2014/01/02 22:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松虫草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一巻もそうでしたが、この著者の文体はとにかく流れるように美しいです。また、丁寧に選ばれた言葉による情景描写も見事で、たちまちその世界に引き込まれてしまいます。一巻の保元の乱・平治の乱はあまり知らない時代でしたが、二巻の内容は牛若や義仲・一の谷合戦などで、小さい頃からよく知っているところなので、どのように話が進むのかワクワクしながら読みました。結果は、これほど知られた話をこのように描けるのか、と驚きの連続でした。レビュータイトルを「読むほどにはまる」としましたが、まさにその通りで、二回、三回と読んで飽きるどころか、読むたびに新たな発見があって楽しめます。文中で義経の文書も紹介されており、ほとんど伝説のように語られる人が急に身近に感じられるようになったのも嬉しい収穫でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/01/17 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示