サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

11/1~ <honto限定!電子おまけ>3社合同・小田原みづえキャンペーン(~11/30)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

欲望とは他者の欲望を欲望する

2014/04/13 18:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やびー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ベストセラー「ふしぎなキリスト教」、「おどろきの中国」など宗教や政治学に造詣の深い社会学学者が、本命である経済学のバイブル、マルクスの「資本論」を読み解く。

 文体として、インタビュー形式で語られており内容としては読みやすい。だが、語られている内容は現代の経済を基本ベースに語られており、グローバリズムにおける新自由主義経済が台頭する世界情勢をも「資本論」を補助線に読み解く。
 
 私も、「資本論」を読んだ事はあるが、「労働」「資本」「交換」等、マルクスの書を読み進めるなかでキーワードを本書では解りやすく解説してくれる。
 例えば、「資本」とは精算過程の中で消耗しない物と定義する。資本は一年継続して使える物を資本。そうでない物は原材料とし、「タクシー会社なら車が資本でガソリンが原材料」と、日常生活に置き換え説明してくれる。

 経済を動かす根底にある「欲望」と、いうモチベーション。資本主義と欲望の関係について資本論には書かれていないと言うのには驚きを覚える。
 後世に生きる我々は、様々な要因や概念に捕われ経済活動を複雑に捉えがちだ。
 本書を読んで、「資本論」とは、バイブルでありテキストである。様々な解釈や補助線を引き現代の事象を説明出来るが故に今も読まれ続けられるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/04/20 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示