サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

hontoレビュー

ヒト、動物に会う コバヤシ教授の動物行動学(新潮新書)

ヒト、動物に会う コバヤシ教授の動物行動学 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
12 件中 1 件~ 12 件を表示

紙の本

動物マニア

2014/04/27 11:49

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

動物行動学者の著者が研究のために触れ合った動物達とのエピソードを紹介するもの。
ただ、多くの場合、「研究」というのは、名目で動物達に対する好奇心が、なによりまず第一にあるように感じる。

まあ、そうでなければ、動物行動学という学問を専門にしたりしないだろうが・・・。

「動物行動学」というと、「コンラート・ローレンツ博士」の名前が思い浮かぶ。
(・・・というか、とっさに名前が出てくる人は、この人しかいない。)

その著書の中に「人イヌに会う」という本がある。
本書を初めて見た時、タイトルは、この本のパロディかと思ったが、「はじめに」の所で、"意識したものである。"と書いてあった。
いち早く気付いた、と思っただけに、ぬか喜びだった。

取り上げられているエピソードは、学問的な内容は少なく、こぼれ話的な内容が多い。

個人的なお気に入りは
「自転車にからまっていたカラスの話」
「プレーリードッグに家の壁を破壊された話」
「飛べなくなったドバトの世話をした話」
の3編。

よくぞ、ここまでやれるな、と思わせるエピソードばかり。
そういえば、コンラート・ローレンツ博士の「ソロモンの指環」にも似たような話が多かった。

動物を相手にする学問だと、人の世界の感覚とはずれてきてしまうのだろうか。

ところで、本書を読んでいると、動物達は決して、本能だけで生きているわけではない、と思うことができる。
動物達が認識している世界は、人間とは、かなり異なるものだろうが・・・。
一度でいいから、少しでいいから、覗いてみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ローレンツのように動物と接する日本人研究者。

2016/12/16 17:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

動物行動学を築いたとされるローレンツの「ヒト、イヌに会う」に倣ったというタイトル。コンラッド・ローレンツといえば飼っていたワタリガラスに求愛されたり、生まれたヒナの母親に間違われたり。それまでの学問とは異なる形で動物を研究してきた人だ。本書にはローレンツのように動物と接してきた著者の”動物まみれ”の話題が集められている。

子どものころに拾ったり育てたりした動物たち。庭の小動物を継続して観察したり、想定外の「実験結果」に驚いたり。どの話も面白い。子どもの頃の話は、同世代ぐらいの読者には「自分もこんな風に外で駆け回っていた」という懐かしさもあるだろう。研究の話は「こういう研究もあるのか」と感心したりもする。

拾った生き物が元気になれば野生に戻す。死ぬこともある。喜びや悲しみや、さまざまな反応に対する驚きもある。身近な生き物に触れあうことで、人間の感性は育っていくものだ、と著者の文章は教えてくれる。

裏を返せば、そういった「身近な生き物(ヒトも含めて)」との触れ合いが遠くなってるのが現状だ、ということなのだろうか。本書で一番感じたのはそういうところだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/07 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/19 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/07 06:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/11 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/11 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/04 08:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/16 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/21 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/01 02:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/06 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

12 件中 1 件~ 12 件を表示